• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • テレビ番組のコメントは1年前の自分のことばだったかもしれない。
  • 先日書いたテレビ番組のテリー氏のコメントのこと。
    あれは去年の今頃(正確にはおととしの12月ぐらいまで)のわたしだ、と思う。
    さすがに「普通の人は病気になったら何もありません」とは思わなかっただろうけど、1年前なら違和感を感じただろうか?
    彼のコメントにひっかかることもなく、スルーしていたかもしれない。

    それ以前に、がんを知る前にあの番組を見たら、がんはこわい病気だっていう印象しか持たなかったし。
    それまでも「がんというのはおそろしくて、自分がなってしまったら自分のすべてがそこで終わる」と思ってたのは間違いない。
    (まあ、おそろしい病気には違いないけど)
    今思えば、同年代でがんになっても普通にしている人はまわりにいる。
    (20代で亡くなってしまった若き友人もいたけど。でも彼はステキに生きていた。)
    そういう人がいるにもかかわらず、自分がなってしまったら「がん=人生強制終了」みたいなふうに思っていたのはなんの刷り込みだったのか。
    実際、がんかもしれないと検査を待っているあいだは、もうすぐ死んでしまうんんだ、自分は…って思ってたもんなあ。

    先日、読売新聞の「医療ルネッサンス」の取材で、わたしは抗がん剤治療中でも副作用を薬でコントロールしながら仕事を続けることができたので、偏見を持たないで受け入れられる社会になってほしいという話をしたんだけど、これは自分が体験してわかったことで、1年前ならどうだっただろうか?
    もし同僚が抗がん剤治療をすると言ったらなんて言っただろうか?
    たぶん、「そんなたいへんな治療をするのに休んだ方がいいよ」って言ってたと思う。
    もちろん休職ができる職場なら、その選択もあるし、わたしもそうしてたかもしれない。
    残念ながら派遣社員に休職はない。
    何か月も仕事に出られないなら契約はそこで終わり。

    最近、偏見を持っていたのは自分だったんだってことに気づいた。
    偏見、というより「無知」だよね。
    なーんにも知らなかった。

    だから、件の発言を聞いたときも、あー、世間の認識ってやっぱりこんなもんなんだよなあと思った。
    がんになったら、なにもできなくなってベッドに横たわって終わってしまう、みたいなイメージなんだろうね。
    ま、自分がこうなった今、そんなのちゃんちゃらおかしいイメージなんだけど。

    以前、就労に関するワークショップに出て「がんになったら働けない、っていうイメージを変えるにはどうしたらいいでしょうか?」って質問したときに、社労士さんから「みなさんが元気に職場で働いている姿を見せることだと思います」という答えをもらったのを覚えている。
    そのときはまだ抗がん剤投与中で、そのことばに実感がわかなかったんだけど、今、それがすごくわかる。
    がんに限らず、病気にかぎらず、働く意欲やスキルがある人が仕事を続けていける社会になるように、意識して仕事をしていこうと思った。


    それにしても、「普通の人はなにもない」っていうことばには、もうひとことだけ言いたい。
    「なにかがある」っていうのは、華やかなことをすることや仕事を続けることだけじゃなくて、家族との時間を大切にするとか、子どもの成長を見守るとか、家で最後を迎えるとか、ささやかな旅行に行くとか、そういうことだって「なにかがある」ってことだと思うよ。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    突然おじゃまして、失礼いたします。
    シニアiwamiと申します。
    今日(2月22日)昼のEテレ「サイエンス・ゼロ」という番組で、「46歳の女性で、乳がんの乳房温存手術の後に胸に大きな窪みが残ってしまった女性の乳房が、なんと元の状態に戻ったという」のがありました。まだ、臨床研究の段階ですが、この乳房再建法は、現在安全性を確認中で、5年後の保険適用を目指しているそうです。
    もし興味がありましたら見てみてください。
    http://senior-iwami.blogzine.jp/blog/2014/02/post_becd.html
    2014/02/22(土) 17:40:05 | URL | シニアiwami #UcmIa55Y [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/89-bcedfeb7
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。