• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • がんになっても仕事を続ける(その2)。
  • がんになって仕事を続けるかどうか。
    それは、その人のライフスタイルや考え方にもよるだろう。

    正社員であれば、療養給付を受けて休職するのもありだと思うし、蓄えがふんだんにあったり、働かなくてもいい状況であれば、無理に仕事をしなくてもいいのかもしれない。
    職場の状況が許すならば、これまでがんばってきたんだから、こんなときこそ休んでゆっくりしようって考える人もいると思う。

    わたしは派遣社員なので、休職というのはあり得ない。
    いったん契約を終了したら、治療が一段落したところで、その職場に復帰できることはたぶんめったにない。
    働かなければ治療も受けられないので、なんとか仕事を続けたかった。
    でも、それだけではなかった。
    なんとか仕事にしがみつく、っていう悲壮な感じはなかったんだよね。

    もし、仕事を辞められる状況だったとしても、仕事は続けたんじゃないかと思う。
    そんなに仕事好きじゃないんだけどね。基本的になまけものだもん。
    主治医に「今の生活をなるべく維持するようにね」って言われたのもひとつの理由。
    もうひとつは、仕事を休んで家にいたら、ほんとに病人になっちゃう気がした。
    きっとよくないことばかり考えて、くよくよしてたんじゃないだろうか。


    ちょっと話が違うけど、「3億円当たったらどうする?」みたいな話をするときに、「3億円あっても仕事は続けるよねえ」みたいな話になる。
    仕事をしなくなったら、ただの怠け者になっちゃう。

    仕事してるときは気がまぎれたから不安な気持ちも忘れることができたし、そんなに仕事好きでもないのに不思議と仕事に行くのが楽しかった。
    変人の上司と変人の同僚のことも、あんまり気にならず自分の仕事に丁寧に取り組むようになった。

    副作用もそれなりにあったし、からだがつらくなかったと言ったらうそになるけど、それでも仕事を続けることが、わたしにとっては副作用を軽減するひとつのツールだったように思う。

    でも、これって人それぞれだから、みんながそうしなくてもいいことであって、自分がいちばんいい状況をつくればいいんじゃないかな。
    でももし、これから化学療法を控えていて、仕事をどうしようか悩んでる人がいたら、一度、仕事を続けることをチャレンジしてみることをおすすめしたい。
    もし、強い副作用が出たらそのときは休めばいい、副作用が軽かったらラッキー、くらいに柔軟に考えて。
    職場の協力も必要だけど、そこはなんとか上司や同僚をまきこんで。

    自分がこの病気になるまでは、がんになっちゃったら仕事なんてできないと思ってた。
    去年まで、わたしが偏見を持ってる人だった。
    でも、自分がなってみてわかった。
    がんになっても仕事はできる。
    このことを理解してくれる職場が増えることをこころから願うし、サバイバーである自分が、よい状況に導けるよう行動したい、と思う。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2014/01/26(日) 15:53:31 | | # [編集]
    鍵コメントさま、はじめまして。

    副作用がつらくてたいへんでしたね。
    わたしも吐いたりはしませんでしたが、それなりにつらい思いはしましたので、お察しいたします。

    おっしゃるとおり、すべての方が仕事を続けられるとは思っていません。
    具合を見ながら自分の判断で、自分の方法で休んだりすればよいと思います。
    もし悩んでいるのであれば、柔軟に考えてチャレンジしてもいいのではないか、ということなのです。
    それは、ブログ本文にも書きましたので、きちんと読んでいただければ、誰にでも仕事を続けることができると勘違いされる、ということはないかと考えます。
    次回からは勘違いされる方がいないよう、そのあたりをもう少し強調して書くようにしますね。
    2014/01/26(日) 17:32:49 | URL | 月光 #- [編集]
    月光さんも、派遣社員なのですね~。
    (その1)から読ませてもらって、がん発覚→派遣更新なし?なんじゃないか?
    と不安に思うあたり、私も思い返すとホント
    自分が雇う側だったら、
    「健康な人寄越して」って思うもんな~更新ないかもな~と考えたり。

    私は真正怠けモノなので3億円当選したら
    仕事は辞めて、
    週に4日エンタメしようと思ってますが(ある意味本業?・笑)

    いろいろ書かれていること、うんうんと思ってます。
    2014/01/26(日) 23:24:15 | URL | yannchan #zHAUYs2U [編集]
    yannchan さん、コメントありがとう〜。
    そうなんですよ、もはやこれまでーと思ったけど、変人部署のおかげで仕事を続けられました。
    何が幸いするかわかんないね。

    そういえば、わたしもよく「宝くじが当たったら毎日ライブに行ってお酒飲むのを仕事にする」って言ってたっけ。
    そうだ、宝くじ当たったら、やっぱりそうしよう。

    昨日はBC ネットワークの遺伝子セミナー行ってきました。
    とてもいいセミナーだったので、がんばってレポートします。
    yannchan さんがブログに書いてくれたのでセミナーを知ることができました。
    ありがとう。
    2014/01/27(月) 00:42:52 | URL | 月光 #- [編集]
    たとえば「介護を理由に仕事を辞めるのはよそう、がんばって続けよう」だったら、わかるんです。
    ヘルパー等のいろんな国の制度を利用すれば仕事を続けられますから。
    でも化学療法の副作用は千差万別、仕事の内容だって肉体労働系から、あなたのような楽なデスクワークまで千差万別。
    なのに、大丈夫だよ、仕事は続けよう!みたいなキャンペーン(笑)を張られるとイラっとくるのです。
    アンタ、ちょっと得意になりすぎやで、と(笑)

    それと文章の端々にでてくる「仕事をしないと怠け者」という匂い・・・。
    >仕事を休んで家にいたら、ほんとに病人になっちゃう気がした。
    >仕事をしなくなったら、ただの怠け者になっちゃう。

    いくらあなたがその意図がなくても、読み手は傷つきます。
    ご自分のブログなので何を書こうと自由ですが、こういう読者もいるよ、と頭の片隅においておいてくださいね。
    2014/01/28(火) 16:48:40 | URL | tono #- [編集]
    tonoさん、こんばんは。
    鍵付きコメントだったらお返事しないでおこうと思いましたがそうではなかったのでお返事します。

    > なのに、大丈夫だよ、仕事は続けよう!みたいなキャンペーン(笑)を張られるとイラっとくるのです。
    > アンタ、ちょっと得意になりすぎやで、と(笑)

    これについては何度も書いてますが、もう一度言いますね。
    仕事を続けよう!ではなくて、わたしは仕事を続けられましたよ、だから迷っているならチャレンジしてもいいと思いますよ、と言うことです。
    わたしはひとつの例です。

    そうですね、言われてみて思いましたが得意になってるかもしれません。
    でも、自分ががんばったことをがんばったって言っちゃだめですか?

    >
    > それと文章の端々にでてくる「仕事をしないと怠け者」という匂い・・・。

    もうこれも、そう思われちゃったらしょうがないんですが、「仕事をしていなくても怠け者じゃない人」はいっぱいいますよね?
    わたしは仕事をしていても怠け者なんですよ。
    だから、ある程度仕事のようなしばりがないとダメな人間なんですということです。
    「仕事をしてない人は怠け者」なんてまったく思ってないし、書いていませんよ。
    >
    > いくらあなたがその意図がなくても、読み手は傷つきます。
    > ご自分のブログなので何を書こうと自由ですが、こういう読者もいるよ、と頭の片隅においておいてくださいね。

    最終的にはそういうことだと思います。
    傷つけてしまって申しわけありません。

    ただ、私はブログのなかで誰かを揶揄したり、意味もなく否定したりするつもりはまったくありません。
    でも、そういうふうにとられてしまっては、もうそれ以上どうしようもないですよね。

    あまりこういうことを言いたくないなあと思うのですが、思い切っていいます。
    わたしはこれからも、このようなトーンでブログを書いていきます。
    なのでtonoさんが、このブログを読まれると、毎日イラっとくると思います。
    そして、言葉尻をとり、批判されるのは私も傷つきます。
    tonoさんがどういう方かはわかりませんが、ライフスタイルも経験も違うわけですから、考え方や感じ方も違うのでしょうがないことだと思います。

    >仕事の内容だって肉体労働系から、あなたのような楽なデスクワークまで千差万別。

    わたしの仕事の内容を知っていますか?
    デスクワークだけで楽な仕事だと思いますか?
    重い荷物を持ったり、立ち続ける仕事ではないから確かにデスクワークだけど、取材にも出かけるし、校了日が近づけば遅くまで残業をします。
    職場の長い長い会議や半日立ちっ放しのイベントにだって出ます。
    また、デスクワークだけの事務職の人だって、ずっと座って楽そうに見えるけど、それぞれ大変なところはあるんじゃないかなあ。
    ↑まあ、これは何も私の仕事のことを知らないのに、そんな言われかたをして傷ついたってことを言いたかっただけなので、賛同してもらえなくてもぜんぜんかまわないのですが。
    傷ついた、というかイヤな気分になった、ですかね。

    なので、たかがブログを読んでイライラするのはくだらないことだし、わたしのブログはスルーしていただければ幸いかと。
    お互いのために。

    tonoさんがどのような治療中かわかりませんので、軽卒なことは言えませんが、どうかよい生活を送ってください。
    これはこころから思います。

    いろいろ考えるきっかけになりました。
    ありがとうございました。
    2014/01/28(火) 20:16:13 | URL | 月光 #17ClnxRY [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/73-a873066d
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。