• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 審判が出るまでの過ごし方。
  • 生検の結果が出るのは2週間かかる。
    誰に聞いても「クロかシロか」わかるまでがいちばん辛かったという。
    私もそうだった。

    自分ではほぼクロだと思ってた。
    でも、もしかしたら違うかもって気持ちもちょっとあった。
    違うといいなという気持ちはたくさんあった。
    毎日胸を触って、もしかしたら固まりがなくなってるかもしれないと期待したけど、そんなことはもちろんなかった。
    それより、どんどん胸のカタチが変わってきたような気がした。
    腕を上げると、胸の上のあたりが歪にふくらむ。

    毎日、家に帰っても仕事中もインターネットで検索ばかりしてた。
    自分の状態に近い人で、良性だった、わーいと言ってる人はいないかとか、良性だったらどんな状態かとかはもう検索しつくしたので、次は、乳がんについて調べることにした。
    乳がんはどんな病気で、どんな治療をして、どんな経過をたどるのか。
    手術、抗がん剤、放射線、ホルモン療法、Her2…などのキーワードを頭に入れていく。

    「乳がんは進行が遅い」「5年生存率は高い」「発見が早ければ治る病気である」「抗がん剤は昔ほど副作用に苦しまない」などよい情報も目にしたはずだけど、このときは気持ちがいっぱいいっぱいだったので、「がんだったら抗がん剤をして、ガリガリに痩せて、入院してそんなに遠くない将来……」って思いこんでた。
    いろんな情報を目にして文字としては理解してるのに、悪いことしか考えられなかったんだよねえ。
    もう私はこれから楽しいことは何もできなくて死んじゃうんだわ、と悲劇のヒロインモード。
    今思えば不思議だけど、あれはやっぱりどうにかしてたんだと思う。
    それでも知識だけは十分増えたので、この時間は無駄だったわけじゃないから、まあいいか。

    このとき、誰かに相談する、というのはまったく考えなかった。
    たぶん誰かに話しても「大丈夫だよー。気にし過ぎ。結果が出てみないとわかんないこと心配しててもしょうがないよ」と言われるだろうなーと思ってたから。
    や、私だったらそう言ってただろうなー。
    でも、今は絶対そんなこと言えない。

    もし、今、結果を待っていて不安でどうしようもない気持ちをかかえている人にアドバイスがあるとしたら、不安な気持ちはどうしたって払拭できないと思うので、どうせインターネットで調べちゃうなら冷静になって正しい情報を仕入れるといいと思う。
    そうすれば、万が一、がんと診断されたときの説明がよりよく理解できて慌てないと思うから。
    もし違ったならそれはラッキー。

    ↓このあたりのサイトをよく見た。
    がん情報サービス 
    がん患者サービスステーションTODAY!
    がんサポート 

    私はずいぶん勉強したつもりだったけど、病名を告げられたといは、予期しなかった結果に冒頭で思考がストップしかけたんだったよ、そういえば。


    ↓おもしろかったり、気が向いたりしたらクリックしてください

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/7-b75c5f6f
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。