• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2013/1/22 タキソテール、1クールめ/まさかのアレルギー反応でびびった。
  • タキソテール、1クールめ。
    朝から何食わぬ顔で出勤し、午後半休をとって家に帰って準備をしてクリニックへ向かう。
    準備したものは、末梢神経障害を予防について、足先を冷やすためのアイスノンふたつ(足先を挟んで冷やすため)、手先を冷やすための保冷剤(100円ショップで購入)をいくつか。
    暇つぶしのための本とDVD。
    途中でトイレに行きたくなったときに、片手で脱ぎ着しやすいヨガパンツ。
    口内炎予防のための氷を持ってくるのを忘れちゃったけど、まあいいか。
    「氷持ってくるの忘れちゃったー」って看護師さんに言ったら、ファストフード店で氷入りのドリンクを買ってくる方もいますよーと言ってたけど、思いつかなかった。

    緊張してる、というよりやっぱり興奮してる感じ。

    まずは点滴ルートを確保して、採血。
    点滴は肘の内側ではなく、手首付近の血管から。
    曲げ伸ばしする箇所ではやらないそうだ。
    血管には8回の点滴に耐えてもらわないといけない。
    わたしは血管が細いらしく、献血に行っても血を取り終えるまでに人より時間がかかる。
    どうか、細い血管が災いを起こしませんように。

    白血球数などの結果がわかるまで生理食塩水を流し、検査の結果がOKであればむくみと吐き気を抑えるステロイド(デカドロン)を30分かけて点滴。
    その後、いよいよタキソテールを1時間かけて点滴を行う。
    最初はアレルギーが出るかもしれないので、少しゆっくりめに流して、問題がないようなら1時間で終わる程度のスピードにする。
    まれに、アレルギーで体がかゆくなったり、息苦しくなったりの症状が出るそうだけど、いったん止めて生食を流せば大丈夫とのこと。

    クリニックは点滴ブースがふたつあるけど、パーティションでしきられているので、ひとりの空間。
    テレビとDVDが見られ、イスはリクライニングできて、ふかふかで座りやすい。
    ひとりだとさびしいかなーと思ったけど、好きなことができるので意外と快適だった。
    何かあっても、看護師さんも先生も近くにいるので安心だし。


    さて、点滴ルートも確保し、検査結果も問題なく、デカドロンも終了してタキソテールが点滴の管から流れはじめた。
    クリニックの看護師Cさんは、いつも笑顔でナチュラルな会話をしてくれる人だ。
    点滴中もなにげなく話しかけてくれるので、不安がやわらぐ。
    今思えば、わたしがクリニックで不安なく化学療法を受けられたのは、Cさんのおかげだったかもしれない。


    タキソテールが流れはじめても普通に笑いながら会話をしていて特に不安な気持ちもなかったけど、5分くらいたったところで急に胸が苦しくなって息ができなくなった!
    「苦しいです」って言おうとしたら、のどがつまって声が出ない。
    のど、というより気管支がぎゅうっと狭められる感じで、ずっと胸のあたりをさすってた。
    いったんタキソテールを止めて生食を流してしばらくしたら症状は収まったけど、しばらく息は苦しいかったし、声も出なかったし、これにはちょっとびびった。
    一瞬、死ぬときってこんな感じなのかな、って思った。

    その後、ものすごくゆっくりのスピードでタキソテールを再開し、徐々にスピードをあげて、それ以降は問題なく終了。
    アレルギーが出たら、それ以降中止になるケースもあるみたいだけど、そんなことないのね。
    せっかくやる気満々できたのに中止はいやだよー。
    ちょっとふらふらしつつも、特に問題なく、薬をもらい、途中まで電車に乗って、家まで30分くらい歩いて帰った。
    (電車に乗ると渋谷の人混みがかえって面倒なので)
    結構元気だったけど、お会計に目玉が飛び出た。
    早期発見を意味ないっていう人がいるけど、間違いなく早期発見の方が医療費もおさえられます!

    さて、翌日は仕事に行けるのかっ。

    薬月
    大量の薬袋。帰り道はこんな月が出てたかも。


    <本日の治療費>

    再診料 124点、医学管理料 775点、投薬料 86点、注射料 10,842点 計36,790円
    薬剤薬 802点 2,410円
    デカドロン0.5 mg×8 朝夕2回/アレルギーを抑える、マーズレンS 2g 朝夕2回/胃粘膜保護剤、ロキソプロフェン6.0mg(ロキソニン ジェネリック)  疼痛時、シプロキサン200mg/抗菌剤 発熱時、ウレパールクリーム10%/乾燥防止剤、アズノールうがい液4%、エピナジオン20(アレジオン ジェネリック)/抗アレルギー剤、MS温湿布


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/65-61006e16
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。