• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 放置療法に対する緩和ケアDrからの見解。
  • 「がん放置」は本当に楽なのか?

    放置療法反対ブログでもなんでもないんだけど、「そうそう、こういう話が聞きたかったの!」と思ってまたもや書いてしまった。
    放置療法でカテゴリ立てるか…(立てません)。

    わたしが放置療法を疑問に思うのは、「がんもどき」は結果論ですよね、っていうことと、放置療法を選べば苦しむことはないっていう印象を受けること。

    リンクの記事は緩和医療医が近藤先生の『医者に殺されない47の心得』に書かれている痛みのケアについて疑問を呈した内容。

    胃がん、食道がん、肝臓がん、子宮がんなどは放置すれば痛みは出ないし、出たとしてもモルヒネで完璧にコントロールできる、という近藤先生の記述には、
    「痛みは出るし、完璧にコントロールできるなどど安請け合いはできない」と実際の経験をもとに反対意見を述べている。

    腫瘍ができる場所やタイミングによっては、痛みが出ない人も出る人もいるだろうし、モルヒネでコントロールできる人もできない人もいるというのが実際のところなんじゃないんだろうか。
    がんのタイプや症状が、千差万別なんだとしたら、痛みの出方も鎮痛剤の効き方も千差万別なんじゃない?

    自分がこの病気になって、多少勉強して、先生やサバイバーの先輩たちの話を聞いたら、十把一絡げに「放置すれば苦しみません」とか「がんで苦しみ抜いて死ななければならないのは、がんのせいではなく、『がんの治療のせい』」と言われたとしても「わーい! そんな治療があるなら、そっちを選ぶー。」とはならないよ。

    近藤先生は、ご自分の放置療法の患者さんをどのくらい看取っていらっしゃるんだろうか?
    大学の放射線医が鎮痛ケアをして最後まで看取る、ということはある?
    近藤先生が看取った患者さんがいるとして、実際にどのくらいの方が苦しまずに最後を迎えたんだろうか?
    一般向けの本をたくさん出すより、そのあたりのエビデンスを数字をもってきちんと証明してくれればいいのになあ。
    そしたら、わたしだってちょっとは放置療法に耳を傾けるよ。


    「がんを放置しようがしまいが、がんそのものによる苦痛は必ず出現します。」という現実は厳しいけど、
    「緩和医療はモルヒネばかりではなく他の医療用麻薬や鎮痛薬を使いこなし、また鎮静も扱って患者さんが最初から最後まで苦痛がないように努めます。」
    という緩和医療がある。
    「本当の放置、あるいはモルヒネと放射線療法が中心で経過観察、というのは苦痛緩和に不十分で、標準的なレベルの緩和医療ではありません。」

    今回、緩和医療に携わる先生が現場の状況を踏まえて、こういった疑問を投げかけた記事は、わたしにはいい勉強になった。
    たしかに近藤先生のおかげで、こういった議論がなされて、わたしたちも多方向から知識を得られることができるのはよいことだ。


    今日、サポートプログラムで知り合ったサバイバーの人たちは、偶然にも主治医(わたしは執刀医)が同じで、先生、結構いろいろはっきり言うよねーって話から、
    「でも、いいことばっかり言う先生より、それが厳しい結果でも、ほんとのことをはっきり言ってくれる先生がいいよね。」ってことになった。

    なにもしなければいいことばっかり、なんてあるはずないじゃんね。

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    こんにちは。
    稚宅でコメントいただいてからずっと読ませていただいています。
    毎回「うんうん!」と思うことばかりで。
    放置治療のカテゴリ、作ってて下さい(笑)

    >近藤先生が看取った患者さんがいるとして、実際にどのくらいの方が苦しまずに最後を迎えたんだろうか?
    >一般向けの本をたくさん出すより、そのあたりのエビデンスを数字をもってきちんと証明してくれればいいのになあ

    まさに、それですね。それにつきます。
    学会に発表しないのもエビデンスが圧倒的に
    不確実だからじゃないの~?と
    思わざるを得ない・・・。

    近藤先生は医者として生きるより、
    執筆業を生業として生きることに方向転換
    したんじゃない?と疑ってしまう。
    (素人の浅読みです)
    2013/12/15(日) 12:40:36 | URL | ゆり #IrF973n6 [編集]
    コメントありがとうございますー。
    もう近藤先生のことは書くのをやめようと思いつつもついつい(笑)。
    先日も勝俣先生がツイートしてましたが、文芸誌や雑誌でしか名前を見ないですもんねえ。
    先生のところの患者さんの声を聞いてみたい気がします。
    2013/12/16(月) 23:13:50 | URL | 月光 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/56-87c85fea
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。