• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2014/01/21 Smile Ring(グループ療法)1回め。
  • 化学療法を翌日に控えた1月21日,乳がん患者を対象としたグループ療法に参加した。
    グループ療法は,5〜6人程度で1週間に1度,5週にわたり行われる。
    12月にサイコオンコロジーの診察を受けたときに「同じ経験をした人と話したい」と先生に言ったところ,ちょうど1月からグループ療法がはじまるので,参加してみる? と声をかけられた。
    グループ療法の内容は,
    *体験や病気に関する情報を患者同士で共有し、病気への考え方、立ち向かう方法を考える。
     簡単にできるリラクセーション法やイメージ療法のレクチャー など。
    患者会などと大きく違うのは,これは医療であって,常に医療従事者が関わっているということ。

    参加者は術後5年選手から,3年,2年,1年たっている方たちで,これから治療がはじまるわたしがいちばん妹分だった。
    第1回めは,自己紹介とこれまで行ってきた治療のことなどを話し,どこでもできるリラックスの方法を教えてもらう。
    みんな病歴も治療内容も主治医も生活環境も異なり,それぞれにいろんな気持ちを抱えて,今ここにいるんだなあと思った。

    わたしは次の日が化学療法だったので,なんだか気持ちがふわふわしてるというか,落ち着かないというか,集中できず,参加した人の名前も憶えていないくらいだった。
    化学療法を経験した人がふたりいたので,副作用のことやウィッグのことなど,相談にのってもらったような気がする(あんまりこの日のことは覚えていない)。

    それでも,2時間の療法を終えたあとは,みんなともうちょっと話したい気がしたけど,わたしは仕事に戻らなくてはいけなかったので,翌週の再開を約束して(次は化学療法の1クールめから1週間もたってないので,参加できないかも…と弱音も伝えた)ほかの参加者の人たちと別れた。
    みんなから「化学療法がんばって」とエールをもらって,その日は仕事に戻った。
    「がんばって」ということばを言われるのがつらい,という声を聞くけど,わたしはそうでもないかも。
    状況にもよるだろうけど同じサバイバーから言われるなら,なおさらうれしいひとことだと思う。

    このグループ療法に参加したことが,おおげさにいえば病気になったあとのわたしの生き方を変えることになった。
    確実に今,自分がここにいるのは,このときの出会いのおかげだと思う。

    主治医・精神腫瘍科の先生&病院,美容師さんやウィッグショップのスタッフの人との出会い,グループ療法への参加,ここまでいろんなことがすごくうまく運んできた。

    <本日の治療費>
    再診料70点、投薬料68点、精神科専門療法330点 1,400円
    薬剤料 ユーパン0.5mg(ワイパックスのジェネリック)2×28日分 233点 700円


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/48-5a775742
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。