• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2013/1/11 手術執刀医の診察とコア針生検。
  • 手術の執刀医になるB先生の診察。
    問診と触診。
    浸潤性小葉がんは術前化学療法が効いて小さくなっても、範囲が広いから温存は難しいかな、と。
    はい、それはもう覚悟してます。

    肩こりがひどいのと肩甲骨の痛みがひどいのを訴えたら、たぶん、リンパの触診をして
    「がん的には問題ないから大丈夫!」
    と言われたので、大丈夫と思うことにした。

    大きさを聞いたら9cm、と。
    ぎゃー9cmってずいぶんな大きさ…。でも、小葉がんはびまん的にひろがるから、大きさというより範囲?
    ki-67は出てないけど、たぶん低いでしょうとのこと。
    小葉がんにはあてはまらないけど、ルミナールAに近い?タイプ。

    凍結保存しておくために、今日もう1回生検査して帰ってねと言われて(フレッシュな検体を化学療法をする前にとっておく、ってことだったかな)、また針刺すのか…と思ったけど、痛くなかった経験があるので、最初に感じた恐怖感はなかった。
    最初の経験って大事よね。
    半年後の手術は、どうぞよろしくよろしくお願いします、と挨拶していったん診察室を後にした。

    生検は女医先生がしてくれるみたいで、処置室に入ると
    「昨日、生検のことを伝えようと思って電話したんだけど、留守電だったから不安になっちゃいましたよね。」
    ということで、心エコーの結果はまったく問題なしだった。
    はー、よかった。

    生検はバコラでもマンモトームでもなくて、たぶんコア針生検(大鵬薬品のサイト)。
    バコラやマンモトームだと検体が変性するから、って先生が言ってた気がする。
    バコラはバチンって音がしたけど、今回のはビリビリビリって吸引されてる感じ。
    最初、麻酔が効いてなくて、針を刺す部分を切開したとき、ちょっと痛い感じがしたけど、その後はまったく痛みもなく終わった。
    すごく痛かったって話も聞くけど、2回とも痛くなかったわたしはラッキーだったんだな。

    女医先生は、わたしが手術に戻ってくるころは、別の病院に行っちゃうらしく、なんだかさびしい気がした。
    帰りには「応援してます。」って診察室を送り出してくれて、その一言がとてもうれしかったのを覚えている。

    肩こりがつらいので、温湿布と冷湿布を出してもらった。

    さて、いよいよ次は化学療法に突入!
    初めての経験は不安だけど、もうこうなったら向かって行くしかないのだ。

    <本日の治療費>

    再診料 70点、投薬料 68点、超音波ガイド下針生検 1,018点(バコラより全然安い!)、病理診断 400点 計4,670円
    外用薬 176点 530円

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/37-9a0723e7
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。