• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2013年のはじまり。
  • 年末に実家に帰って、わりと普通に、いつものように年末をむかえてお正月がやってきた。
    年越し蕎麦を食べ、年がかわって、深夜に近くの神社に初詣。
    これはここ数年の恒例行事。
    遠くの除夜の鐘を聞きながら冷えた空気のなかを歩く。

    どんど


    年が明けてからは、実家から行ける神社にいろいろ連れて行ってもらった。

    ・奈良の安倍文殊院
    ・奈良の長谷寺
    (お正月のあいだは回廊に火が灯されてきれい。)

    長谷寺


    ・東大阪の石切劔箭神社
    (がん封じで有名。)
    ・京都の京都の猿丸神社
    (こちらもがん封じで有名。井沢元彦の「猿丸幻視行」の舞台だそう。読んだけど内容を忘れちゃったので、もう1回読もう。静かなところにある小さな神社。気持ちのいい場所だった。)

    猿丸神社


    化学療法が効いたのは、神社のお守りのおかげだったのかも。
    来年は、お礼にいかなきゃね。

    検査結果がわかるのは、1月7日。
    母に「いっしょに行こうか」と言われたけど、「ひとりでだいじょうぶ」と言って実家をあとにした。
    「元気そうで安心した」と母に言われて、自分が明るくいられて私もちょっとホッとした。

    まだこのころは、確信はしてなかったけど、「病気になったって、なにも自分は変わらない」と思い始めていたかもしれない。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/33-38ad77f6
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。