• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • めばちこ。
  • 8月の手術の少し前に、左目の上まぶたにめばちこ(ものもらい)ができた。
    主治医に見てもらって、悪いものじゃないよ、と言われたけど、数日したら感染をおこしたのか、ゴロゴロして痛くなってきた。

    もしかして、抗がん剤の影響かも(涙腺に影響があることもあるってもらった冊子に書いてあった)、と思って、とりあえず眼科に行こうと思った。

    抗がん剤をしているときって、他院に行くとき悩む。
    眼科、歯科、耳鼻科、皮膚科など、町の開業医のドクターは抗がん剤について十分な知識があるんだろうか?
    副作用が出て皮膚科に行ったら、抗がん剤のことはわからないから、って言われることもあるって話も聞いた。

    とりあえず、「眼科 抗がん剤 ○○」(○○は住んでいる地域)で検索してみた。
    そこでヒットした眼科を見てみると、抗がん剤と目の障害について関連が書かれたページがあった。
    しかも、わりと家の近くでラッキー。
    ちょっとしたことでも、やっぱり抗がん剤の副作用について知識があるドクターがいいと思った。

    霰粒腫ということで、クラビット(抗生剤)とオドメール(ステロイド)の点眼、ネオメドロール眼軟骨を処方してもらって帰宅。
    しばらくして炎症は治まったけど、まぶたの上のゴロゴロは残っていた。

    そしたらまた3日前くらいから、左目にひどい目やにがではじめて痛くなって、炎症をおこしているようなので、同じ眼科へ。
    切開するほどではないけど、注射して治す方法もあるとのこと。
    ステロイドを患部に注射するみたい。
    ここでもステロイドか。
    ステロイドってなんかすごいな。

    切開も注射も怖いので、とりあえず目薬でようすをみたいですー、と言って帰ってきた。

    霰粒腫とは、まぶたにある脂の分泌腺(マイボーム腺)の出口がつまって慢性的な炎症がおきて、かたまりができるというものらしい。

    目薬で治まってくれますよーに。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/25-06202531
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。