• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 20160820 大切な人に伝えたい講演会 /原千晶さん講演会@奈良。
  • 8月20日、奈良で行われた「よつばの会」原千晶さんの講演会に行ってきた(タイミングよく関西にいたので)。
    「大切な人に伝えたい講演会 」と題されたこの講演会は、
    ・第1部 大切にしたい自分の体 〜2度の子宮がんを経験して〜/原千晶
    ・第2部 ドクターによる病気のお話とジャズ演奏

     1部は90分あったので、始まる前はちょっと長いかなと思ったけど、千晶さんが、これまでのご自分の病気の経緯やご家族のことを飾ることなく優しい口調で話され、あっという間に時間が過ぎていた。
    がんだと言われたときのこと、手術から逃げたいと思ったこと、覚悟を決めたときのこと、そんなお話を聞いていたら自分のときのことを思い出した。
     不思議とそのときを思い出すことで辛い気持ちになったりはせず、そういえば自分もそうだったなーとか、ここは自分とは違ったなーとか冷静に聞くことができたのは、3年という月日のおかげでもあり、診断を受けて治療に入る前にサバイバー仲間ができたこともあって、早い段階で立ち直れていたこともあるかもしれない。
     どちらかというと、治療が辛かったというより、新しい友だちがたくさんできて、楽しかったっていう記憶の方が残っているような気もする。まあ、今だからこんなことが言えるんだろうけど。それか、辛い記憶は自動的に消去してるのかも。

     会場には1割くらいの男性を含めて50人くらいいただろうか。小さなカフェは満員だった。
     支えてくれたお母さんやご主人(2回めのがんに罹患したときは、まだ結婚されていなかった)の話には、ぐっとくるものがあって、涙をおさえている人たちが何人もいた。
     千晶さんのお話は、いつ聞いてもどこかあたたかい気持ちになる。サバイバーの人にも、そうでない人にももっと聞いてほしい話だった。

    よつばの会は、なんかとても全体的にあたたかい。病院や一定の団体が母体の患者会ではないので、のんびりと自由な感じもする。
    女性特有のがんの患者会なので、興味がある人は参加されるのもいいと思います。

     この企画をがんばって成功させた奈良在住のよつばの会の会員のTさん、本当にお疲れさまでした。
    行ってよかったです。

     会場からの帰り、夕暮れの若草山や奈良公園で鹿がのんびり草を食んだり、眠ったりしていた。
    奈良はやっぱりいいところだなあ。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/210-d72796fe
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。