• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • (今さらですが)サバイバーズコレクション@がん研有明病院。
  • もう1か月以上たってしまったけど,6月に行われたサバイバーズコレクションについて。去年の同じイベントに知っている人が出ていたので観に行ったときは,自分が出るとは思っていなかった。なんか,楽しそうだなー,でも,二の腕ぷるぷるだしハイヒール履けないし…くらいに思っていた。
    去年の終わりに,よつばの会の忘年会で,なんとなく「今年も乳がん学会のファッションショーがあったら,がんばってダイエットして出ます!」って言ってしまったことがはじまりかも。よっぱらってたし。

    口に出してしまうと意外と実現してしまうもので,ぎりぎりまで応募するか迷っていたんだけど,思いきって応募したら高倍率を突破し,抽選で選ばれてしまった。状況が整ったら,あとは楽しむだけ。
    フィッティングではいろいろ着てみたものの,背中のチャックが閉まらないとか,あまりにもぴちぴちぱっつんだとか,3キロほどのダイエットではあまり効果がなかったようで,それでもちゃんと着られるワンピースを選んでもらった。

    本番当日は,ヘアメイク,ビデオや写真の撮影もみんなボランティアで来てくれている人ばかりで,感謝の気持ちでいっぱいになった。
    髪の毛は,くせ毛もひどいし中途半端な長さなのでワンピースの色に合わせて金髪のヅラに。ナチュラルキッチンで買ったミモザの造花を編み込んだヅラに差し込んで,すごくかわいくしてもらった。これはプロじゃないとできないなー。
    メイクはショーメイクなので,「こんな自分の顔見たことない!」っていうくらい,華やかな顔になって,どんどん気持ちが上がっていくのがわかる。

    メイクさんに,「こうしてボランティアで来てくれるみなさんのおかげで,みんなこんなに素敵になれてすごく感謝してると思います。」みたいな話をしたら,「みなさんの素敵な姿や元気な笑顔を見て,こちらが元気になりました。こちらこそ感謝してるんですよ。」と言われ,『感謝の連鎖』みたいなのっていいなーと思った。
    こういうことばかりで世界ができていたら,しあわせであふれるのにね。

    ショーに出た人たちは,みんなそれぞれいろんな状況や思いを抱えている。治療が終わって一段落した人,治療中の人,子どもがいる人,お父さんやお母さんとランウェイを歩いた人…。みんなキラキラしてて,きれいで素敵だった。
     ファッションショーを成功させるために動いてくださったスタッフの方,素敵に変身させてくれたヘアメイクの方,当日の会場ボランティアの方,そして会場に足を運んでくれてその場を共有した方々…月並みだけど,ほんとうにありがとうございましたという気持ちでいっぱいな1日だった。

    私はこれまで,こういうイベントってちょっと斜に構えていたんだけど,自分が出てみるとほんとうに楽しいし,あたたかい気持ちになれる。やっぱり,ドレスアップ,メイクアップするのって楽しいし,それこそ免疫力が上がるんじゃないかしら。
    こういう機会があったら,ぜひチャレンジしてみてほしいなーと思うのです。

    以前書いた朝ドラ、カーネションで,主人公が病院でファッションショーを開催したときのある1話」を思い出した。

    朝日新聞デジタル

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします


    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/208-7e155e52
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。