• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • がん患者の気持ちは,がん患者にしかわからない(前向きな意味で)
  •  先日,国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援部が主催する公民館カフェ「がん治療医が“がん”となり、見えたこと、考えたこと!」に行ってきた。
    http://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/20160525.html
     公民館カフェは東京・月島の公民館で,がんにまつわるさまざまなテーマをもとに,お話を聞いて,みんなでお茶を飲みながら語り合うというもの。

     今回は大腸がんの専門医で,進行胃がんに罹患した金沢赤十字病院 西村元一先生が金沢からいらっしゃってご登壇。

    以下サイトから引用。

    <西村先生からのメッセージ>
    30年余りがん治療医としてがん治療に携わってきましたが、今回がん患者となってみると医療者と患者さんの間に考えている以上に“ズレ”があることを実感しています。今までのがん治療医としての経験と、がん患者となった経験を活かし、医療者ならびに患者さんそれぞれに対していろいろ情報を発信することにより“ズレ”を少しでも減らし、よりよいがん治療環境につなげたいと思っています。

    *************************************************


    ドクターなので,冷静に自分の病状を把握して記録し,胃カメラの画像や術後の写真を示し,淡々と経緯や気持ちを話してくださった。
     そのなかで患者としての気持ちは,ずーっとうなずき続けるくらいよくわかった。
    ドクターだって同じ人間なので,患者になれば患者の気持ちになる。当たり前だけど,なんだかホッとした。

     1時間余りのお話は有意義だったけど,ひとつだけ心に残ったことを書くとしたら「がんになった気持ちは本人にしかわからない」。
     これは,本当にそうだと思う。やさぐれているわけじゃなくて,そういうものなのだと思う。逆にいえば,「がん患者の家族の気持ちは家族にしかわからない」。
     先生と先生の奥様は,おたがいそういう気持ちでいい関係を築いているそうだ。

     自分を振り返るとそうだもの。なってみてわかることばかりだった。
    そして,同じがん患者でも気持ちを100%わかることはないと思う。
     たとえば全摘再建した胸,わたしは乳輪乳頭をつくっていないし,下着をつけていれば全然わからないけど,脱げばあきらかに健側の胸とは違う。いろんな人の話を聞いて,「前と同じものができるとはかぎらない」ということはわかっていたので,まったく同じじゃないけど十分満足。
     だけど,「元通りにならなかった」って嘆いている人もいる。それは価値観の違いだからわたしにはわからないし,その人にもわたしの満足した気持ちはわからないと思う。

     主治医だって,がん患者はたくさん診ているけど,患者の気持ちはわからないと思うし。ましてや男性だし。
    今の主治医にひとつの文句もないけど,西村先生が主治医になったら最強だろうなー。

     でも,それでいいんじゃないかと思う。部位やステージ,生活環境でも違うだろうし。
     ときどき,「そんな言い方ないよね」って思うこともあるけど,それは,「がんになってないからわからないんだよなあ」とか「乳がんじゃないからわからないんだよなあ」と聞き流すことにしている。

     「わかってもらえない」んじゃなくて「わからないからしょうがない」を前提にしておけば,あんまり腹も立たないし,傷つくこともないだろうと思うことにしている。
    (でも聖人じゃないので,腹が立ったり傷ついたりするけど。言った人にもよるしね)

     先生は,現在も治療を続けながら講演や金沢マギーズの活動をされ,進行がんになったことで人生の目標を定めたそうだ。
     3年半前,「命にはかぎりがある」ということを身を持って知ったつもりだったけど,だんだんそれを忘れかけていて,がんになる前の自分のダメな部分が出てきている。あのころの気持ちを思い出させてもらったお話だった。

    サバイバーシップ支援部は「公民館カフェ」「オープンセミナー」「ご当地カフェ」(地方で開催)など,毎回ユニークなテーマで開催されているので,参加してみてはどうでしょ。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がん<div class=
    スポンサーサイト
    芸能人も一般人も,がんを公表する義務はないのだ。 |TOP| サバイバーのゴスペルクワイア

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/205-50dbff08
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。