• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 情報リテラシー「健全な懐疑主義」
  •  職業病かもしれないけど、なにかを見たり聞いたり読んだりしたときに、まず疑問を持つようにしている。
    あと、「極論」はとりあえず疑う。
    アピタルの記事に、「『極論』に潜む罠」というのがあった。

     インターネットには極論やセンセーショナルな見出しで人を引きつける広告であふれている。
    よく見かける医療•健康情報には「○○を飲めばがんが治る」「○○をすれば病気知らず」という希望系と「××を食べるとがんになる」「××をすると死ぬ」という恐怖系という極論があるという。
    たしかによく見る文言だね。

    以下、記事の引用*************。

    さらに、このような情報には、共通している点として以下のような特徴があります。

    ◎ものごとを白黒つける
      例)マイナスイオンは体に良く、プラスイオンは体に悪い
      例)手作り料理は体に良く、コンビニ弁当は体に悪い
    ◎ものごとを単純化する
      例)水道水を飲むと癌になる
      例)サラダ油を使うと早死にする
    ◎感情を揺さぶる
      例)希望系:病気に悩んでいる人に希望を与える
        恐怖系:命にかかわることを突きつけ脅迫する

    そして、情報を読み進めていくと、あまりにも都合よく希望を叶えてくれたり、揺さぶられた感情(不安・恐怖など)を解消してくれたりする商品の宣伝に行き着くことがあります。

    (中略)

    情報そのものを遮断することは、現実的には不可能です。そのため、大切なのは、情報を目にしたり耳にしたりした時に、その情報を自分自身の決断・行動に対して取り入れるのかどうかの「見極め」です。

    では、どのように見極めたら良いのか?
    ポイントは、情報を鵜呑みにするのではなく、また拒絶するのでもなく、客観的・批判的に読み解いていく「健全な懐疑主義」になります。そして、健全な懐疑主義に基づいて情報を吟味することで、バランスのとれた理解ができるようになります。

    ここまで引用****************。

     疑うっていうとことばが悪いけど、「健全な懐疑主義」っていうのは言い得て妙。
    すべてを受け入れるのでもなく、最初から拒絶するのでもなく、冷静に見極められる力がつくといいなあと思う。
     12月17日(木)に、国立がん研究センターで第3回がんサバイバーシップ、 「<がん情報サービス>をもっと知ろう」という国立がん研究センターで開催される。

    「信頼できる情報をいかに見つけ、 いかに活用していくか。 今回はそのノウハウをお伝え するとともに、 がん対策情報センターが提供する<がん情報サービス>を詳しくご紹介します。
    」ということなので、正しい情報を得るヒントになるかも!


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    確かに、世の中そんなに単純じゃないはずで、〇〇すればがんになる (或いはならない)という話は疑ってかかった方が賢明かもしれません。
    中は読んでないけど「乳がん患者の8割は朝、パンを食べている」という本があります。突っ込みどころありそうですね。
    自分は、ひねくれ者というか、疑い深いたちなので、白黒、単純化の話を本気で受け入れようとは思いません。
    ストイックな食事療法をしている友人と食事中、水餃子の中の小さいお肉まで食べるの迷っている時がありました。
    私は、「あなたがそれをちょっと口にしただけで、がんが急激に悪化することはないから平気だよ」と言うと、にっこりして食べました。
    そのように少し恐怖系の感情を揺さぶられてることあるんだな、と思いました。
    ただ、私は友人の民間療法については反対したことはありません。どのような作用があるか解明されていないし、これをしているという安心感はメンタルにはいいですから。
    きちんとした治療さえ受けているのであれば、その人の自由だと思います。ただ、エビデンスのある治療を拒否して、民間療法のみになった時に危険な場合もありますね。
    一人一人が正しい情報を得られることが大事ですね。
    2015/11/26(木) 18:47:10 | URL | じゅん #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/197-ea277103
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。