• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 11月のゆううつをふきとばす


  • ちょうど3年前のいまごろ、胸に鶏卵大のかたまりを見つけて、これはマズイと思っていた。
    「良性」という答えを探って、インターネットで検索しまくっていたのもこのころ。
    どう検索しても良性ではなさそうなので観念して、散々迷って行くクリニックを決めた。

    思い返しても、この頃がいちばんイヤだったなー。
    生検は怖かったし(2回もやったからどういうものかわかって怖くはなくなったけど、もうやりたくないなあ)、結果はしばらく出ないし、インターネットを見れば見るほど悪いことしか考えられなくなってた。

    あのころは、ずっとそんな気持ちが続くのかと思ってたけど、そんなことはなかった。
    12月に確定診断を受けて、年明けくらいまでは、よく寝られなかったし、気持ちも不安定だったけど、年が明けるころには不思議と受け止められるようになっていた。

    全部、検査結果が出てなかったから不安は不安だったけど、それでもクリニックの主治医や手術を受ける病院の担当医とやり取りしたり、友だちに会ったり、実家に帰って普通に過ごしていたりするうちに不思議と受け止められるようになってきた。

    わたしは、わりとどんな環境にも馴染むほうだけど、さすがにこのときは立ち直れないかと思った。でも意外とそうでもなかった。
    人間て不思議。

    でもやっぱり、この季節になると11月の空気感で、なんとなくあのしんどかった感じを思い出してちょっとつらくなる。
    夏が好きなので、もともと寒くなる季節はにがてなこともあり、一瞬だけどちょっと心がみだれるのよね。

    まあでも、せっかく紅葉もきれいな季節だし、過去のことで心をみだしてもしょうがないので、楽しくやりましょうかね。
    ゆるんできた生活を見直す時期、くらいにとらえて。
    たぶん、年月が経てば思い出すことも減ってくるはず。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/195-8fa2b3a5
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。