• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 友人の選んだ治療法に思うこと
  •  がんではないが,友人が免疫系の病気に罹った。その病気自体はポピュラーなもので,その病気そのものではたぶん死に至ることはないけど,痛みがあってやっかいなものだと思う。
     最初は四十肩といわれていたけど,治療してもなかなか治らなくて,何件か病院を巡って原因がわかったとのこと。はっきりしたことはわからないけど,その病院は漢方だか代替療法の病院みたい。ステロイドなどの薬はまだ飲まないで,食事や生活習慣で免疫力をアップする?療法を行っている。

     そこでは,小麦や砂糖が原因なのでやめるように言われたらしい。でも,お酒は止められなかったとか(アルコールはいいのか?)。
     ひさしぶりに会って話していたら,小麦をやめることで,その病気の症状がよくなったわけではないけど,花粉症は軽減したと言っていた。
     で,「小麦は,がんにもよくないんですよー」と言われたので,「ふーん」と言ってスルーした。そしたら,そのあともう1回言われたけど,またスルーした。

     彼女には,わたしが抗がん剤をはじめる前に「抗がん剤はあんまりやらない方がいいみたいですよ」と言われたことがあるので,なにかしら標準治療に疑問を持っている人なんだなあと思ってた。
    あるとき「日本の医療って,対症療法ばかりで根本的に直すことを考えていないからダメだ」みたいなことを言っていて,
    「いやいや,それは根治療法が確立されていない病気は,対症療法しかないからしょうがないよ。風邪だって対症療法だよ」って答えたんだけど,彼女が標準治療に疑問を持つのは,医療不信からくるのかと思った。

    ただ,その病気は,昔よりいい薬が出てきてずいぶん状況はよくなったみたいだけど(以前,その病気の専門病院で少しだけ働いていたことがある),ずっと薬を飲み続けなくてはいけないようなので,たしかに若いうちから何十年も,ステロイドや痛み止めを飲むのはいやだろうと思う。もし,自分がその立場でもそう考えると思う。

    最近は,爪もみをはじめて,ドクターからは陶板浴を勧められたらしい。
    陶板浴ってなんじゃらほい。岩盤浴とはちがうのか? ぜんぜんわからん。

     彼女の病院がどこかわからないけど,勝俣先生がおっしゃっているインチキ治療の見分け方を伝えておいた(これは,がんの治療に関してだけど,どんなものにも当てはまると思う)。
    http://nkatsuma.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

    1.○○免疫クリニック、最新○○免疫療法
    2.○○%の患者に効果
    3.体験談、良く効いた事例が載せられている
    4.保険が効かない高額医療
    5.奇跡の○○治療、末期がんからの生還
    (勝俣先生のブログより)

    大金を要求されたり,陰謀論(利権をもった医療業界の薬剤会社などの悪人が,薬を不要とするすばらしい治療を広めないように私の治療法を阻止している,とか)を語り出したりしたら気を付けてね,と。

    私は,目に見えないものや確立されていないものに効果がまったくないとは思わないけど,自分の命をそこだけにかけるのはちょっとリスキーだと思っている。
    標準治療を行ったうえでの補助療法としてなら,爪もみも冷え取りもいいと思う,ということは私の気持ちとして彼女に伝えた。実際,わたしも靴下何枚も履いてるし。それで冷えなくなって快適だし。気功もヨガも好きだし。
    爪もみっていうのもやってみたけど,あれはどういう効果なんだろうね? ツボ? 悪くはなさそうだけど,劇的になにかを改善してくれるのだろうか。してくれるとしたら,それはすごいし,やってみたい(揶揄しているんじゃなくて本気でそう思う)。

    友人が納得して今の治療を続けているようなので,それはそれでいいと思うけど,足を引きずりながら,痛そうに歩いている姿を見ると胸が痛む。
    今の治療で効果が出てくれたらほんとうにいいと思う。たしかに若いうちから薬を飲み続けるのに抵抗を感じるのは私も同じだ。
    爪もみとかそういうのがゲートになって,治療費と称して大金をふんだくられたり,治療が後手にまわったりしないことを祈りたい。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    はじめまして
    ご友人の方、命に関わらない病気だから爪もみでもいいでしょうが、がん患者がそういう方向にいくと、時として命の危険もあると思います。

    私も患者ではないので、患者さんに安易なことを言うのは避けたいと思っています。でも患者にとって、自分が熟慮してしている治療を否定的に言われるのは気分が悪いことだろうな、と思っています。
    抗がん剤は体に悪いからしないほうがいい、そういう論調は乳がん患者ですら言っている人がいますね。

    乳がんに罹った友人が、いろいろな治療法を試しているのを見てきました。抗がん剤やホルモン剤もしていますし、高濃度ビタミンCや、一ヶ月に12万も治療費がかかる中国の奥で取れた生薬を処方する医師にもかかっていました。
    正直、代替医療の時には病気が悪化していたと思います。効かなければ無治療と同じリスクになります。
    自分で選んだ治療なら仕方ないですが、標準治療が好きでないからといって、他人に簡単に勧めるものでないと思いました。

    二つ前の記事の香西さんの文章も読ませていただきました。周りの人は本当に気をつけなければいけませんね。

    今日10時32分の乳がんブログ新着記事で「トンデモ本という本」というのがあります。ある有名な免疫学者が書いた本についてです。転移は治る兆候などと変なことが書いてあります。どの人の本かすぐわかりましたし、今もその人はマスコミに登場したり、後援会などをしています。患者でもない人の思い込みも怖いことがあるということが改めてわかる内容でした。機会があればそのブログ記事お読みになるといいと思います。
    その人のその前の記事で、抗がん剤の効用についてスピーチしたけど、抗がん剤経験者はわかってくれたけど、否定している患者にはわかってもらえなかった、という内容も印象的でした。
    2015/10/23(金) 16:33:15 | URL | じゅん #- [編集]
    コメントありがとうございます。
    お返事がたいへん遅くなってしまいもうしわけありません。

    私は、それを選ぶことでなにが起こるかも理解して、本人が納得してその治療を選んでいるのであればよいと思っています。
    どんな病気でも、自分が罹ったら平常心ではいられないので、いろいろ考えるでしょうし。

    私は信頼できる医師に出会えましたが、それでもやはり、ひとつのことを盲信しつづけるのではなく、自分なりに勉強することも大切だと感じました。

    勝俣先生がおっしゃっていたのですが、たとえばあきらかにインチキな療法などに対しては、患者も公のところに声をあげていくことも必要なのかもしれませんね。
    2015/11/01(日) 11:25:05 | URL | 月光 #17ClnxRY [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/193-0841c524
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。