• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • その人の気持ちや状況を想像した言葉を(自戒をこめて)
  • 今日、サバイバーの友人からFBでシェアされたブログ。
    とてもいい内容で改めていろいろ考えさせられたので、ここにもリンクを貼っておきます。

    香西慶子のオフィシャルブログ
    私からのお願い

    最近の報道でSNSも喧しく、

    「体を温めればがんは治るよ」
    「そりゃあワインを1日に〇ml以上毎日飲めば肝臓がんになるさ」
    「マンモで乳がんになるんですって」
    「私は抗がん剤しない派です」  
    「大切な臓器をとるなんて。無駄な臓器は一つもない」(以上引用)

    など、無責任な言葉がたくさんシェアされていることについて、ご自身も2014年に子宮体がんの治療をされた経験を交えて、優しい言葉でつづっています。

    がんになったことがない人からの無責任な言葉はときに傷つく。
    同じ経験をした人からの言葉でさえ傷つくことはある。

    こんなことを言うと身も蓋もないのだけど、やっぱりがんになってない人には、がんになった人の気持ちはわからないと思う。
    それは、私がそうだったから。
    わたしも自分が、がんじゃなかったら同じようなことを言ってたかもしれない。
    無知で無責任で無遠慮なことを。

    だから、「抗がん剤なんてしない方がいいよ」と言われたときも、「○○を食べるのはよくないよ」と言われたときも、(わたしは短気なので)カチンときたけど、3年前の自分だったら同じようなことを言ってたかもしれないって思ったら、傷つかなかったし腹も立たなかった。
    最近はそういう人には、自分はこれだけ調べて、主治医のことを信頼して納得して治療を受けている、と言うようにしている。
    人によってはめんどうだから、適当にお茶を濁してしまうときもあるけど。

    そういえばSNSで、スキルス性肝がん?が民間療法で治った人のブログとか、健康診断なんて受ける必要ないとか、WHOでは抗がん剤を禁止したとか(デマ)、蜂の毒から抗がん剤が開発されて、自然のものだから安全!(タキサン系はイチイからできてるんですが)とか、いろいろへんなのが流れてくるなあ。
    今ならへんだとわかるけど、3年前なら「なるほどー」って思ったかも。

    でも、がんになったからといって、すべての同病の人の気持ちがわかるわけじゃない。
    気付かないうちに、わたしも誰かを傷つけていることがあると思う。

    この件にかぎったことではないけど、相手の状況や立場や気持ちを想像して話すことは、とても大切だと改めて感じた。
    (このところの騒動のこと、最近、同病の人に言われた驚くような発言も含め)
    今日のエントリーは自戒もこめて。

    特に引用はしないけど、リンクを貼ったブログ、ぜひ読んでみてください。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    ブログ読みまして、涙が出てきました。
    FB等の無責任な投稿を目にするたびにモヤモヤしてしまっていました。
    ああ!ちゃんとわかってる人もいるんだな、と気持ちが楽になりました!
    2015/10/10(土) 22:17:37 | URL | #- [編集]
    こんにちは。
    FBなどのおかしな投稿を読むたびに、つい反論コメント入れたくなるのをぐっと我慢しています。
    自分が信じるぶんにはいいけど、無責任なことを適当に発信するのはやめてほしいなーと思います。
    2015/10/13(火) 00:36:30 | URL | 月光 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/191-5f104088
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。