• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 5年生存率50%の謎(数字なんて全員にあてはまらない)
  • もうこの件については,やめようと言いながら,突っ込みどころが多いのでまた書いちゃう。前回のエントリーにいろいろコメントいただいて,同じように考えている人はいるんだなあということがわかった。感じ方は人それぞれだけど,いろんな気持ちを持っている人がいるというのは北斗さんにも知ってほしいよね。


     テレビを見てないのに目にとびこんでくるニュース。
    ステージ2bで5年生存率50%??? いつのまにそんなに下がった???
    同じステージでもいろいろあるので,全部が同じというわけじゃないけど,十把一絡げで50%ってことはないでしょう。
    しかも,胸だけなら70%,脇にいってたら50%って誰が言ったの?
    わたしなんて3aだから,どうなっちゃうのよ,と。

     で,素人の頭で考えてみて(以下は想像),リンパ節転移の数が多かったのかなーと思った。または,無治療の場合の数字。
    私は,リンパ節転移が4個以上あった場合は,術後に全摘でも放射線を当てましょうと言われていた。結果1個だったので,放射線治療は行わなかった。

     細かいステージやサブタイプとか言わなくてよかったと思うんだけど,あそこまで言っちゃったら,もう少し詳しい説明をしてくれないと誤解を招くよね。
     わたしは,限られた人にしかカミングアウトしてないけど,全摘してリンパに転移があったよ,ということは言っているので,今頃,「あー,月光ちゃんの5年後の生存は半々かー」とか思われてたら勘弁してほしいと思う。知識がなければそう思うよねえ。
     家族にも生存率云々の話はしてないし(そもそも,主治医から生存率の話をされたことがない。自分でネットで調べたけどあんまり覚えていない。),術後2年たって,ぴんぴん暮らしているのにへんに心配されたら困る。

    なんだかもやもやしてたら,MDアンダーソンの上野先生がブログに書かれていて,とてもわかりやすかった。
    【北斗晶記者会見からのデータ解析】
    http://teamoncology.blog39.fc2.com/

    以下は先生のブログより。

    *************************************
    「記者会見からのデータ解析「5年生存率は50%」これは何を指しているのだろうかと思う。第二期で48歳で、5年生存率50%をadjuvant onlineではじきだすのは、とても至難の業である。Adjuvant onlineを使用すると予後予測ができるので、外来で多くの乳がん専門医が米国では使用している。もちろんあくまで、予想であり、個々の症例は意味合いがずれることがあるのでご了承願いたい。
    この症例をadjuvant onlineで解析すると、いくつかの推察が出来る。

    1. 50%とは、化学療法もホルモン療法も何も補助療法しないでの数値?
    2. 治療後の数値であるのだが、本当はかなりのリンパ節転移がある?
    3. 乳がん以外の疾患を患っている?
    4. 報道が間違っている?
    5. 北斗さんの理解が主治医とずれている?
    6. 主治医の情報開示に問題がある?
    7. 僕が完全に間違っている?

    どちらにしても、本当に50%の生存率ならかなり進行している乳がんと推察される。特に仮にリンパ節転移が多ければ、なぜ手術を先に行われたのかが知りたくなる。術前でも術後化学療法でも現時点では生存率に差はないのだが、非常に医学的に興味深い。
    そもそもこの問題はプライバシーを考えるとあまり報道しない方が良いと思う。しかし、現時点でここまで開示したなら、より詳細の報道をマスコミが求める必要になる。もっと詳細に報道しないと一般患者に誤解を招くと思うような生存率である。

    とにかくよりよい治療選択を乳がん手術の北斗晶さんが受けられることを願う。」

    *************************************

    7番はちょっと笑っちゃったけど,2bといってもいろんな要素がかかわってくるから,一概にはいえないし,本当に50%って言われたとしたら,その影には1~3みたいな要素があるわけで。
    主治医から,生存率の話はされていないし,もし数字を言われたとしても個人にとっては結果が100%なので,あんまり考えなくてもいいような気がする。

    同じ体験をしたものとして,北斗さんがこれからの治療を乗り越えて,元気になって願うのは当然なんだけど,影響力がある人だからこそ,正しい情報を伝えてほしいと思う。
    マスコミも。マスコミはそのうち飽きて言わなくなるだろうけど。

    あと北斗さんは,今,治療してる人やサバイバーと会話をもったらいいんじゃないかとも思う。これもひとそれぞれだからわからないけど,わたしは治療前に元気に過ごしているサバイバーの先輩たちに会えたことがどれだけ力になったかわからない。
    そしたら,いろんな気持ちの人がいて傷を見せることとか,うっかりなにかを言ってしまうことについてもっと慎重になるような気がする。それよりなにより,同じ経験をしてきた友人ができるのは素敵なことだと思うから。
    大きなお世話かもしれないけど。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    月光さん、こんばんは。
    毎日毎日北斗晶さんの生存率の話題で持ちきりですが、もう良い加減良いですよね。
    12人に一人の時代ならそう珍しくはないという事だろうし(笑)

    私もリンパにたくさん飛んでいたので
    勿論抗がん剤も放射線もしましたが、5年生存率を聞いてたら、フィフティーかーとか思っちゃいますね。別に信じてはいませんけど。

    本当に今は術前抗がん剤が主流なので
    全摘するまでに、なぜ先に術前抗がん剤をしなかったのか?とは思います。
    それで小さくなったら全摘しなくても済んだかもわからないし、この抗がん剤は北斗さんには効くとか効かないとかもわかりますよね。

    北斗さんもそうだけど、メデイアもはっきりした情報ではないのに、むやみやたらに報道されたりブログに載せられると、抗がん剤をしても5年生存率はそんなものなの?って勘違いしますよね。五年で再発率ならまだしも、生存率となれば、やっぱり聞いてる方も重たい数字ですよね。

    月光さんが仰る通り、癌と言ってもタイプや年齢、グレードとか色々あり、みんな同じではないですもんね。

    治療法も人それぞれ、すべて違うんですよね。
    ハイリスクだった私は、ホルモンタイプなんですが、術後5年以上経っていてもリュープリン未だやってますしね。

    メデイアも、乳癌になる女性が12人に一人の時代だと北斗さんのプログから抜粋している割には、詳しい事もちゃんと情報として教えてくれないし。
    そんなに多いんなら、北斗さんの年齢から考えてもそこまで話題にする事はないんじゃない?って思いますよね。

    もっともっと若年性で癌と向き合い闘っていらっしゃる方もブログ村にはたくさんいらっしゃいます。北斗さんも
    自分だけじゃなく、もっと若くして頑張っていらっしゃる方のブログなんかを読めば、自分はこの歳で癌になって良かったなぁと思われるかもわかりませんね。

    私も北斗さんより5年も早く乳癌の手術をしましたからねー。
    2015/10/07(水) 23:07:14 | URL | マリア #- [編集]
    マリアさん
    こんばんは。

    生存率のことは気にしないといいつつ、なんかモヤモヤザワザワしますよねー。
    きっとそういう人、多いんじゃないかなあ。

    なぜ、こんなちょっとイヤな気持ちになるんだろうと考えたら、北斗さんが見ているのは乳がんになっていない人たちだからなのかもしれません。
    たしかに啓発はとても大事なんですが、「こんなになっちゃうんだよ」っていうのは、「こんなになっちゃった」人に失礼というか、当然傷つきますよー。

    北斗さんが再建されるとしたら、なおさら、全摘の傷を見せるのはわたしはイヤだな。
    だっていろいろな理由で再建されていない方もたくさんいるだろうし。
    「こんなになっちゃった」のは誰のせいでもないのにね。
    2015/10/08(木) 23:47:07 | URL | 月光 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/190-3566fcff
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。