• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 海外サバイバードラマ「キャシーのbig C いま私にできること」に期待!
  • がんを笑い飛ばす!究極の「今を生きる」コメディドラマ『The Big C』

    NHKで4月からはじまる海外ドラマ,「キャシーのbig C いま私にできること」
    "The Big C"とは、「がん」を意味するスラングだそう。知らなかった。

    以下は番組サイトから引用。
    「ミネソタ州・ミネアポリスに住む42歳の高校教師・キャシーは、ある日、医師から自分が末期のがんを患い、 余命わずかであることを宣告される。それまでの毎日を、お調子者で無責任な夫と反抗期の息子の世話に明け暮れ、周囲から「退屈な女」と思われてきたキャシー。
    残された時間を考えたとき、キャシーはそれまで封印していた「ありのままの自分」で生きることを決意する!」
    「切なくて、おかしくて、最後には涙がとまらなくなる、異色のハートフル・コメディー。」

    予告編を見たけど,なんだか楽しそう。
    これまでの日本のがんを扱ったドラマとは視点が違っていて期待してる。
    そういえば,「木更津キャッツアイ」のぶっさんも,がんだったよね。あのドラマは,そこに主眼をおいていないので,ちょっと違うけど,今見たらまた違う見方をするかも。

    病気になって治療でしんどい思いをしても,やりたいことはやるし(制限はあっても),楽しいこともあるし,性格は病気になったからといって急にかわらないから,突然いいひとや悪い人にならないし,おっちょこちょいな人はおっちょこちょいだし,日常は続くわけである。

    確定診断を受けた日に,主治医から「がんって言われると,どこかみんなと違っちゃったように思うかもしれないけど,そんなことはないんです。だから,なるべく普段とかわらない生活ができるように心がけましょう」と言われたことを思い出す。
    なにも知識がなかったわたしは,抗がん剤なんてしたら,きっとテレビドラマで見たみたいに(支持療法が確立されていなかった昔は本当にそうだったかもしれない)ベッドから起き上がれなくなって,吐き続けて苦しむんだって思ってたから,そんなことできないよーと思う反面,ちょっと気持ちが軽くなったのを覚えている。

    もちろん,このドラマのキャシーにも楽しいばかりじゃないくて,つらくて切ないことがたくさん出てくるだろうから,そのあたり,どういうふうに描くのか,どういう気持ちで自分が観るのかというところも気になる。

    シーズン4まであるみたいなので,アメリカでも人気があったんだろうか。
    どんな人が観てどんな感想を持ったんだろう。



    ↓見どころ




    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    こんにちわ。

    今年は花粉に大打撃をうけてほとんど仮死状態でしたがやっと最近復活してきました。

    ドラマ!私も予告で気になっていたので見ようと思ってました。ただ起きてられるかなその時間・・
    あとコント「LIFE」が復活するのが個人的に嬉しい!NHKの笑いは私のツボにはまってます。

    木更津キャッツアイのぶっさんは
    大好きでよく見てたんだけど、ああやって死のう。っていつも思ってる~(笑
    2015/03/31(火) 17:53:21 | URL | きい #- [編集]
    きいさん、こんにちは。
    またもや遅レスごめんー。
    花粉症はそろそろ終わりの時期かな。

    ドラマ、はじまりましたね。
    アメリカーンな感じですが、わたしは結構好きかも。
    脇役がいい味出してますね。

    >ただ起きてられるかなその時間・・

    再放送がわりと早い時間にやってたような。

    あと、わたしは「ケータイ大喜利」好きです。
    「LIFE」見たことないけど見てみよう。
    2015/04/06(月) 00:06:02 | URL | 月光 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/174-88cb8686
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。