• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 「睡眠を改善することで、自律神経を整えて 健康的なからだをつくる!」


  • 先週の土曜日、新宿区なるなるフェスタというイベントで、睡眠コンサルタントの友野なおさんの講演を聞いてきた。

    友野さんは睡眠を改善して、10キロ減量したとか。

    ●睡眠不足はなぜ太る?
    •内分泌の乱れ→満腹中枢が乱れる。
    •寝不足→糖質•脂質のものをを食べたくなる。
    •代謝不良
    •便秘
    •朝食を欠食する
    などの理由から睡眠が減ると太るらしい。

    人によって必要な睡眠時間は異なるが、統計的には7時間30分がベスト。
    3時間くらいでOKなショートスリーパーもいれば、アインシュタインのように10時間のロングスリーパーもいるのだとか。

    ●睡眠に関する俗説のウソ
    •羊を数えると眠くなる→ならない
    •快眠にはホットミルクを飲むとよい→バケツ1杯ぐらい飲まないと快眠にはならない
    •寝れば寝るほどよい→長眠はよくない

    ●睡眠が足りているかの見分け方
    •朝、排便があるかどうか(あればOK)
    •午前中に眠気があるかどうか(なければOK)

    ●質の高い眠りをとるためには
    •いちばんはあかり。眠る1時間くらい前には、150ルックス以下のオレンジ系の光にすると格段に睡眠の質がよくなる。
    •寝るときは基本的に真っ暗がよいが、ホテルのフットライトくらいのあかり(10ルックスくらい)ならOK。
    •寝る前のストレッチ
    •アロマ(ラベンダーなど)
    •音は無音かタイマーで自然の音
    •起床後、朝の光をあびる(セロトニンを活性化)

    だいたい知ってる話だったけど、やっぱり睡眠は大事だなってことで。

    乳がんになる前、それこそ子どものころから夜更かしで、0時前に寝たことなんてなかった。
    化学療法中は規則正しい生活にしてみようと思って、0時前に布団に入るようにしていた。
    それまで早起きなんて絶対できないと思ってたけど、朝も早く起きられるようになった。
    (最近、ちょっと起きられなくなってるけど…)
    喉元すぎればなんとかで、このごろはときどき夜更かししてるけど、基本的には0時には布団に入るのが目安。
    ものすごく寝付きが悪くて、たくさん本が読めたのに、この2年は本が5ページも読めない。
    寝付きがよくなったのはいいけど、本がちっとも読めなくなったなあ。
    でも、睡眠がからだの調子を左右するのは体感した。

    ちょっと前から使っている iPhoneアプリ。
    Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

    体動で眠りのタイミングや眠りの深さを計ってくれるもの。
    自分の睡眠の傾向がわかっておもしろい。
    セットしたアラームの30分前後で浅い睡眠のタイミングをはかって、アラームを鳴らしてくれる。

    あと、雨の音や川の流れ、虫の声などをタイマーでかけるといい感じで眠れるかも。
    雨って濡れるのはいやだけど、音はいいよねー。

    なぜか、途中覚醒のクセがついてしまって、夜中に1、2度起きるので、それをなんとかしたい。

    今夜、だれもがよく眠れる夜でありますように。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/172-fc4753f1
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。