• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 顔面裂傷血まみれ事件(その2)。
  • もう去年の11月の話になってしまったけど、顔面裂傷の話の続きを。
    怪我をして病院に行って縫合したことがないので、どの程度の傷で病院に行っていいのかいまひとつわからないけど、さすがに放置しておくのはよくなさそうなので翌日の朝からネットで調べた湿潤療法のできそうな病院へ行った。
    運悪く、木曜日だったのでお休みの病院が多くて、行きたいと思ってた病院には行けなかった。

    病院の受付に行ったら「顔の傷は形成外科なんですが、うちはないのでいいですか」と言われたけど。湿潤療法ができると病院のサイトに書いてあった皮膚科を希望した。
    不機嫌そうな女医さんに「縫わないときれいになおらない」と言われて、しぶしぶ縫合してもらうことに。
    麻酔やだし、顔縫うのもいやだけどしょうがない。
    確かに皮膚がべろーんとなってたし、浅い傷じゃなさそうだし、ドクターの言うことは聞いておいた方がよさそう。
    麻酔は痛いし、目の近くだから縫っているときはドキドキするし(麻酔効いてるから痛くはないけど)、でも終わってしまえばなんということはなかったけど、やっぱり縫ってるのがわかるのはいい気分じゃないなー。
    だから乳頭再建とか乳輪のタトゥーとかやっぱり怖いかも。

    縫合の後は、傷口を乾燥させないハイドロコロイド被覆材(キズパワーパッドと同じもの)を毎日貼り替える。
    傷を乾かさないで治すので、カサブタをつくらない。
    その方が治りが早いし、痛みも少なく、きれいに治るそう。
    確かにガーゼを貼ってるとくっついて痛いし、カサブタはできたら剥がしたくなって、剥がすとまたカサブタができるの繰り返しだから治るのに時間がかかる。

    結果、1週間くらいで抜糸、ハイドロコロイド被覆材はその1週間後くらいで、貼らなくてもよくなった。
    痛みもほぼなかったし(打撲の痛みと縫合後の痛みは多少あったけど)、まだ傷あとはあるけどきれいだと思う。
    怪我の状態によると思うけど、ひどい怪我でなければ、湿潤療法はすごくいいと思った。

    縫合の翌日の顔は歌舞伎の隈取りみたいでひどかったなー。
    遠方から友だちがきてたので、この顔で飲みに行っちゃったけど。

    顔面傷2


    <今日の治療費>



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/171-5ec992b2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。