• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • (術後)はじめての温泉。
  • 先週末、なんとなく会津に行ってきた。
    青春18切符が余っていたので(テツではないけど電車好き。ん? それをテツというのか?)どこかに行こうかとは思ってたんだけど、前日までどこに行くか決めていなかった。
    前の日の夜、いくつかの候補のなかから会津に行くと決めて、当日、電車のなかで2日分の宿を予約。
    ほんとは朝早く出かけるつもりが、最近、仕事のストレスのせいで早起きができなくなった気がする。
    このストレスはなんとかしないと、ほんとにまずい。
    まあ、それはちょっとおいといて。

    電車の時間も調べずに行き当たりばったりででかけたので、目的地につくのは夕方になってしまう。
    もう温泉地に泊まるのは無理だから市内のホテルを予約。
    せっかくなので温泉に入りたいと思って調べたら、市内にはホテルから歩いて行けるところに1件だけあった。
    おまけにホテルの系列なので無料チケットがもらえてラッキー。

    そこはスーパー銭湯ぽい感じで、いくつも湯船があって、レストランやエステみたいなのも完備されている。
    でも、源泉100%。
    入場料を見たら、400円で普通の銭湯とかわらない。岩盤浴も210円だよ。
    レストランも良心的な価格だし、なかなかいい感じ。

    さて、再建手術は終わったけど、テープを一文字に貼ってるし乳頭乳輪はないし、ヅラだし、どうするかなとちょっとだけ迷った。
    まあでも、悪いことしてるわけじゃなし、こそこそする必要はない。
    ちょっと人と違うだけじゃん。

    まずはヅラを躊躇せず帽子ごと脱いだ。
    あとは服を脱いで、タオルを肩にかけて湯船にGO!
    思ったほど気にならなかったけど、それでもやっぱり人から見えないようにタオルをかけたり、人のいない方に行ったりしてた。
    やっぱり、こそこそしちゃうかも。
    まあ、何回か行ってるうちに慣れるよね。

    二日めは裏磐梯の小さな露天風呂に。
    そこでも同じように肩にタオルをかけて、先客の方々から離れて湯船に。
    先客のおばさまは話好きみたいで、後から来た人に話かけていたけど、あまり会話になっておらず、近くに行って話せばよかったなあと今になって思う。
    3か月くらい入院していて、今日は調子がいいから温泉に連れてきてもらったって言ってたから、誰かと話したかったのかもなあ。

    わたしが旅に行く理由は、名所旧跡を訪れることじゃなく、思わぬ人と話せるからなんだけど、こそこそ温泉につかっていたら、そういうチャンスも逃すよね。
    まあでも、人と出会うのは温泉だけじゃないから、無理しなくてもいいんだけど。

    タオルを肩にかけておけば、温泉入るのは全然平気、でした。
    混んでて気になるときは、2枚タオルを持っていって、洗い場でもタオルを肩にかけておけば見られにくいかも。
    ベリーショートでもスキンヘッドでも、裸だから男には間違えられないしね!

    旅の話はまたいずれ。


    露天風呂をあがってコーヒー牛乳。



    ♫ぼくが旅に出る理由はだいたい100個くらいあって

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/154-3b9f35ee
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。