• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2012/12/10クリニック診察3回め(確定診断-2 まっすぐ立てたわけ)。
  • 確定診断時のことは不思議とよく覚えてる。
    直後よりもあとあと思い出すことが多かった。

    名前を呼ばれて診察室に入るやいなや、椅子に座る前に先生から
    「悪いものがみつかりました。乳がんです」と告げられた。
    この場面、しばらくのあいだ、朝起きて一拍おいてから必ず目に浮かぶ光景になった。
    「残念ですが…」という枕詞がなくてよかった。
    なぜか「残念」と言われるのがすごくイヤだと思ってた。

    覚悟してたので、「あー、そうですか」とか、なんか間抜けな返事をした気がする。
    まあでもいくら覚悟はしてたとはいえ、結構衝撃的で「がーん」ってテレビドラマのような音が鳴り響いた感じだった。

    診察室の椅子に座ったら、先生は私の目を見て
    「今は乳がんは治る病気ですから、全部お話ししますね。ちゃんと治療すれば今までと同じ生活が送れますから、自暴自棄になって治療しないとか言わないで、きちんと治療しましょう。」
    と言って、紙にメモしながら説明が始まった。
    (わたし、自暴自棄になりそうな雰囲気を出してたんだろか…)

    Dr「乳がんには種類があります。浸潤性乳管がん、これが約9割。」
    (うんうん、で、硬がんとかホルモン陽性とかHer2+とか、いろいろ種類があるんだよね。)
    Dr「もうひとつは浸潤性小葉がん、これは1割いるかいないか。◯◯さんは小葉がんの方でした。」
    (えーっ。なに、そのレアケース…。そんなの調べたなかでひっかかってこなかったよー。)
    とそこでなんかずっこけた。
    「それってリスクは高くなるんですか?」と聞くのが精一杯だった。
    Dr「それはないです。」
    小葉がんだからといって、リスクが大きくあがる、ということではないと理解。

    このときは、まだホルモン感受性もHer2発現の結果も出ていなかったので、いろいろなパターンの説明を受ける。

    浸潤性小葉がん
    (PDFデータです)の特性として、広がりが大きいため全摘手術になるであろうこと、抗がん剤治療が必要であることも告げられた。

    Dr「抗がん剤、イヤな言葉だよね。でも、命を守るため、がんばって受けて欲しい。80歳の人で同じ治療をしてる人もいるから。」

    不思議と抗がん剤を拒否する気持ちは生まれてこなかった。
    ただ、仕事が続けられない→ひとり暮らしはできなくなる→実家に帰らなければ治療が続けられないかも…という考えが頭のなかでぐるぐるしていた。
    そんな気持ちを見越してか
    Dr「今、抗がん剤といっても副作用はずいぶん軽くなっています。抗がん剤治療を受けながら仕事に行っている人もたくさんいます。だから、仕事は絶対に辞めないで、できるだけ普段とかわらない生活を続けていきましょう。」
    このときは、まさかそんなことできないよねーと思ってた。
    私の抗がん剤に対するイメージといえば、髪の毛が抜けて、げーげー吐いて、どんどん痩せて、起き上がれなくなって…。
    抗がん剤しながら仕事なんて、先生気休め言ってるよねって、マジで思ってた。

    Dr「がんって言われると、その日から普通と違う人になっちゃったって思う人が多いけど、そんなことはなくて、僕と◯◯さんとは何もかわらない同じ人間です。半年間、抗がん剤はつらいときもあると思うけど、半年たったらもとの自分に戻れてますから。今はそんなこと信じられないかもしれないけど、半年たったら僕の言ったことがほんとだって思うから。」
    あー、全部お見通しですね、先生。

    でも、このとき、先生にこんなふうに言ってもらえたから仕事もがんばれたし、なるべく普段の生活をしようと思ったんだ。
    まっすぐ立ってむかっていこうと思えたんだ。
    私はこの先生に最初の診断を受けて、先生に告知をされてほんとによかったと思う。
    人生に if はないけど、もしほかの病院に行っていたとしても、同じように真摯に向き合ってくれる先生と出会っていたかもしれない。
    でも、やっぱり私のスタートは間違ってなかったんだってほんとに半年たって思った。
    そして、このスタートはその後のいろんな出会いにもつながっていく。

    抗がん剤は、これから検査に行く病院で受けてもいいし、クリニックに戻ってきても好きな方でいいよ、とのことだった。
    帰り際、「どうぞこれからよろしくお願いします」と頭を下げたら、先生も立ち上がって挨拶してくれた。
    クリニックに戻ってきますとも!

    先生は、ずっと目を見て話してくれた。
    ちょっとマジックにかかったのかもしれない。

    (会話を正確に再現はできなかったけど、こんな感じ)

    <本日の治療費>
    再診料、診療情報提供書、病理診断(結果が悪性だったため追加の病理診断料) 2,114点 6,340円
    マンモグラフィ、フィルム料(紹介先病院へ持参するため) 1,250円

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/14-5921068e
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。