• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 【情報】乳がん再発「骨髄中の物質の働きが関与」。
  • 乳がん再発「骨髄中の物質の働きが関与」

    以下、上記NHKのリンクから抜粋。

    •骨髄の中にある特定の物質の働きががんの再発に関わっているとする研究結果を国立がん研究センターのグループが発表。
    •女性のがんで最も多い乳がんは手術後、10年や20年など長い期間を経て再発することがあり、問題となっているが、骨髄の中に残ったがん細胞が増殖しているのではないかと考えられていた。
    •研究グループでは骨髄の中にある特定の細胞と乳がんの細胞を一緒に培養したところ、特定の細胞が出す物質を乳がんの細胞が取り込み、がん細胞の増殖が止まった。
    •しかし、がん細胞の活動が休止すると抗がん剤は効かなくなるため、骨髄の中に残ったがん細胞が何らかのきっかけで活動を活発化させるとがんの再発につながる。

    骨髄の中にある特定の細胞が、がん細胞の増殖を止めていて、結果それが抗がん剤が効かないという状況を生み出す、ってことかな。
    増殖が止まっているだけで、がん細胞として残っているので、何年か後になんらかのトリガーがあって、がん細胞が動き出すことがわかったってことなんだよね?

    この文章だけ読んでなんとなく、骨髄が、がん細胞の増殖を止めているのかと思ったけど、がん細胞が、その物質を取り込んで休憩してるっていうこともあるかもなあ。
    でも、それはちょっと、がん細胞の方が上手な感じがしてイヤなので、骨髄の物質が増殖を止めていて、そのあいだに新しい治療法や薬剤が開発されるのを待っているってイメージした方がいいね。

    よく考えたら骨髄って、自分のからだのなかで、どんな機能をしてくれているのかあんまり考えたことなかった。
    今度、ちょっと調べてみよう。

    これまでわからなかったものが「わかっていく」というのはとてもすばらしい。
    この研究で一刻も早く、少しでもメカニズムが解明され、新たな治療に結びついてほしいと思う。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    こんばんは。
    PCの調子が悪すぎたり、色々忙しかったりでご無沙汰いたしておりました。

    タイムリーな記事のアップありがとうございます!
    ちょうどNHKニュースで放映された時に見ていました。
    でも最後の文章が、やっぱりイマいち理解できないんですよね・・・。
    自分でも調べてみます。
    2014/07/07(月) 21:06:13 | URL | ゆり #1kfi/wQ. [編集]
    こちらこそごぶさたしてますー。
    わたしも仕事のことでいろいろあり(これはまた書きます)、みなさんのブログを読んでもすっかり読み逃げ状態でした。

    今回の発見は、「がん細胞が骨髄内のある物質を取り込んで休眠してるのがわかった」ってことなのかなーと思いましたが、このニュースだけだとちょっとわかりにくいですよね。
    素人がわかったところで…と思われるかもしれないけど、知りたいんですよねえ。
    なんかオタクっぽくなってる(笑)。
    2014/07/07(月) 23:51:40 | URL | 月光 #- [編集]

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/137-0469f64d
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。