• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 乳房再建にいたるまで<2>
  • ある人がドクターに「再建しない人はなぜしないんでしょう?」と聞いたら、「それはお金の問題でしょう」と答えたという。
    うーん、半分当たっていて半分当たっていないと思う。
    •痛いのがイヤだから再建しない。
    •再発のリスクを考えて何年か後に再建する。
    •再建に興味がない。しなくても自分は自分だからいい。
    っていうのもあるんじゃないかな、お金の問題じゃなくて。

    再建しなかった人の話も聞いたけど、「最初はショックだけど慣れちゃった。胸のあいた服も着てるよ」って言ってた。
    もちろん、その感じ方は人によって違うので自分がそう思うとは限らない。
    その話を聞いて、そんなもんかもしれないなーと思っていたので、再建しなくてもいいかって思ってたのは確か。

    ある男性医療者が「たとえば恋愛して、あなたの胸がなかったら好きになれないてんて言う男はたいした男じゃないよ」って言った。
    それは机上の空論、理想論なんだよなあ。
    だって、そういう体験したことないでしょ?
    まあ、わたしだってそうは思うけど、でも男性の気持ちはわかんないから、そこはあんまり考えてもしょうがない。
    男性だってひとりひとり考え方が違うし、そうなってみないとわからないよ、きっと。

    そうこうしているうちに化学療法が終わりに近づいて、6月の終わり頃に手術の日が8月1日に決定した。
    その頃、再建手術が保険適用になるんじゃないかっていう噂が流れていた。
    でも、誰に聞いても「なるかもしれないけど時期はわからない」と。
    そして、7月からアナトミカルのエキスパンダーが保険適用になった。

    主治医に相談したら、「今、病院も保険診療について申請中だから手術には間に合わないかも」という答え。
    それから日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
    http://jopbs.umin.jp/
    のサイトをチェックしてたりしたら、わたしが手術する病院は7月の半ば頃からエキスパンダーの挿入は保険診療でできることになったことがわかった。
    なんとラッキーな。
    とはいえ、アナトミカルインプラントはまだ保険適用になっていないので、入れ替えの手術は保険でできないかもしれない。
    そして、それは将来的には保険適用になるとしても、近いうちかもしれないし、ずっと先かもしれない。
    これも誰に聞いても時期はまったくわからないという。

    エキスパンダーを入れて、保険適用まで待つという手もある、というドクターのブログを読んだ。
    もし、わたしが再建をするなら一期(全摘手術と同時にエキスパンダーを挿入する方法)しか考えられない。
    なぜなら、二期だと手術が1回増えるわけだし、めんどうだし痛そうだしもういいやーってなりそうだから。
    だから、とりあえずエキスパンダー入れちゃえ!って感じで勢いで再建を決めた。
    この時点で保険適用になってなかったら再建してなかったかも。

    でも、やっぱり自費でもやろうかな、とはちょっとだけ思ってた。
    わたしは粗忽者なので、胸になにも詰めないででかけてしまったり、詰めたものを落としてしまったりしそうなので、それが不安だし、めんどうだったの。
    あと、そこそこボリュームがあるので、それこそバランスがとれなくなるんじゃないかっていう心配もあった。

    じつのところ、保険適用になったことで、あまり悩まず再建を決めたのだった。
    それまでに、いろいろ再建について調べてはいたので、不安はなかった。
    しかし、しっかり調べるくせに決めるときは、結構、感みたいなもんで決めちゃうことが多いなー。
    あ、でも正しい知識があると感も働きやすくなると思います。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/130-98098317
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。