• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • うれしくなかったことば。
  • 前回,うれしかったことばについて書いたけど,うれしくなかったことばも当然あった。

    わたしは,そんなに繊細ではないので,たいがいのことには傷ついたとか絶対許せないとか思うことはない。
    ましてや「がん」のことになると,自分がなる前だったら同じようなことを言ってたかもしれないと思うので,「知らないとそういう認識だよねー。」くらいに思うようにしている。
    短気なので腹は立てることはあるけど。

    とはいえ,「そりゃないぜ」っていう言われ方をすることもあるわけで。
    まあ,それにしたって傷つくとか腹が立つというより,呆れて笑っちゃうって感じのことがいくつか。

    術前化学療法を始める1週間ほど前のこと。
    ある人たちと4人で話していたとき,「これから2人にひとりが,がんになるって時代なんだよねえ」って言ったら「そんなはずないでしょ! ここに4人いて,がんなのは,あなただけなんだから!」って言われたー。
    それは,一生涯のなかでの確率の話だから,ここにいるのが4人だろうと100人だろうと,そんなにきっちりした数字で,がん患者が存在するわけじゃないんですけど…って説明するのもばかばかしくなって「あー,そうですね。」って棒読みで答えておいた。
    この方,わたしの母親くらいの年代の人で,悪い人じゃないんだけど,いつもこんな感じ。
    すい臓がんの手術を受けたお友だち(たぶん3年くらいたってるけど今でも元気でご存命!)が転移の不安や腹痛を話したときに,「あなたは,もう手術して直ってるんだから転移なんかしないでしょ。痛いのもお腹を切ってるんだから当然でしょ。」と言い放ったらしい(っていうか,そうやって言ってやったのよーって本人が言ってた)。

    そのあと,別な人に「抗がん剤は,あんまりやらない方がいいらしいですよ。」と言われて,これにはさすがに腹が立った。
    思わず「やらないと死んじゃうからねっ。」って返したあと,なにか根拠があるんだろうと思って(近藤医師の本を読んだとか,家族に抗がん剤でつらい思いをした人がいるとか)「なんでそう思うの?」って聞いてみた。
    「友だちに製薬会社の人がいて,そう言ってましたー。抗がん剤をするようなことになったら,よく考えた方がいいって言ってましたよ。今度詳しく聞いときますね。」
    って,根拠なしかいっ。
    「来週から抗がん剤なのー。がんばる。」って言ってる相手に,よくこんな不確かなことを言うなー,とさすがに呆れたよ。
    もちろん,そのあとその友だちに聞いてくれたようすはない。

    抗がん剤治療まっただなかに何度も登山に誘われたのもまいった。
    元気づけてくれようとしてるのは伝わったけど,さすがに登山は無理でしょ…。
    最初は「さすがに抗がん剤中は無理だよー」と断ったけど,何度も誘われるのでさすがにめんどうになって「仕事にも行ってるし,たまに飲みに行ったりしてるけど,さすがに登山は無理です。何かあったら人に迷惑をかけることになるので誘ってもらっても行くことはできません。」という内容の長いメールを出したら,誘われなくなったけど。
    いくら元気に見えても無理だよう。
    わたしは登山でもライブでも旅でも,ひとりで行くのは全然平気なんだけど,ひとりで行けない人もいるからなあ。

    確定診断を受けて間もないころ,ある医療者(乳腺関係じゃないです)の診察を受けたとき,「あなたは,いくつまで生きたいの?」って言われて,わたしは強欲なので「いくつまででも生きたいです。」って答えた。
    ●「具体的にいくつとかないの?」
    「うーん……。やっぱり生きられるならいくつまででも生きたいです。」
    ●「だいたいでいいから」
    「(しつこいなあ)うーん………。70とか80とか90とかかなあ?」(全然具体的じゃないし,幅ありすぎるし)。
    ●「今は,がんは死に直結する病気じゃないし,いい薬もあるし70までなら生きられる可能性あるよ。高血圧や糖尿病と同じって考えればいい。」
    なにそのレトリック。全然,救われた気持ちにならなかったんですけどー。
    こういうのってメンタルケアっていうのかなあ。
    体のいいごまかしっていうか、その場でもやもやっとさせてるだけに感じたけど。
    わたしが思うだけで、こういう会話で気持ちが軽くなる人がいるのであれば、それはそれでOKだと思います。
    わたしには合わなかっただけの話。

    もうひとつ同じ人の話。これは,わたしが言われたんじゃないけど,再建の話になったときに「再建なんてしなくても,あなたの胸なんて誰も見てないよ」とのたまった。
    さすがにこれはひどいと思った。医療者の言うことばかと。
    自分が言われたんじゃなくてもイヤな気分になったよ。
    この方の失言は,まだいろいろあるけど,あんまり書くと人物が特定されちゃうのでこのへんでやめとこ。

    その人と人間関係ができてる場合,たいていは,こちらを気遣って言ってくれてるんだと思う。
    だから,多少とんちんかんなことを言われても笑ってすますことにしている。
    でも,ほんとに言われてイヤなことにはちゃんと相手に言った方がいいのかもしれない。
    そうしないと、いつまでも同じようなことを言われると思う。
    そして、今後、そういう人とは無理に付き合わなくてもいいな、とも思う。

    わたしも気付かないだけで、誰かを傷つけたことがきっとある。自分も注意しなきゃ。
    自戒もこめて。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/113-492aaa83
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。