• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • そんなことないってわかってるけど、ビビるよ、ドクター。
  •  最近,ブログ村の新着ブログのコーナーからなんとなく拝見することが多く,どなたのブログが忘れてしまったけど,うっかりどっきりしてしまったことがあった。

     セミナーかなにかで抗がん剤の効果と副作用の相関について質問したら「白血球が下がらず,スケジュールどおり順調に投与できた人の方が再発しやすいんですよ。」(読んだときの記憶なので正確じゃないと思います)っていうドクターがいたとか。
     いや,そんなん聞いたことないわー。ないよね?
    そのブロガーさんも白血球がさがることなく,スケジュールどおり投与ができたそうなので驚いたし,心配になったと書いていた。怖くてつっこめなかったとも。

     あと,これもどなたのブログで読んだのか忘れてしまったけど,副作用があまりでなかったので「これなら抗がん剤,楽勝です!」って言ったら,ドクターに「がん細胞も,しめしめって思ってるかもよ。」って言われたっていうのを読んだことがある。
    いや,これも聞いたことないし。

     医療者がこういうこと言うときは,これが根拠のあることなのか,経験からくるものなのかちゃんと言って欲しいよね。

    「抗がん剤は適切な量を適切な期間に投与するのがよい」というのが,正しいと思ってるし,副作用が出ないからといって,抗がん剤が効かず,がん細胞がしめしめと思うことはないと思う。
    でもでも,ドクターがこういうこと言うとびびるんですよ,患者は。
    もし自分の経験からくるものなら,どのくらいの母数があって,どのくらいがそうなのかっていうのくらい示して欲しい。

    わたしはやっぱりエビデンスを第一に考えたい。根拠のないものは,やっぱりおそろしいよ。
    もちろん,エビデンスがあるからといって全員にあてはまらないのはわかっているけど,あてはまらないときは,そのとき考えるしかない。
     わたしが考える理想のドクターは,エビデンスをもとに治療方針を組んで,あてはまらないところは経験という調味料でさじ加減をしてくれるドクターかな。

     話がずれたけどドクターも人間なので,いろんな人がいて,わたしも「あなたがそれを言うか!」みたいな経験があるけど(そういう人のところには2度と行かないよね),不用意な発言であんまりびびらせないでほしいもんだ。

    以前,ブレストセンターの初診のドクターに,小葉がんは対側にもできやすいのか質問したら,「わたしの経験上,すごく多いということはないです。一方に腫瘍ができると,もう一方も乳腺が同じ状態だから,誰でも対側にできる可能性はあるから。ただ,小葉がんと胃がんとの関係はあるって言われてるよ。」と言われた。
    この説明は,ちゃんとなるほどって思えた。小葉がんが消化器に転移する可能性は調べていたので知っていたし。

    最初に挙げたふたつの例は,わたしの読んだときの記憶で書いているので,ニュアンスが違うかもしれません。

    根拠のないはげましをされるのもイヤだけど,根拠のない発言で不安をあおるのはやめてほしいよね。患者はただでさえ,びびってるんだから。

    や,もしかしたら,どこかの学会で発表されてることだったりして。まさかね。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://tsukinohikari55.blog.fc2.com/tb.php/110-2ce43c1c
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。