• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 審判が出るまでの過ごし方。
  • 生検の結果が出るのは2週間かかる。
    誰に聞いても「クロかシロか」わかるまでがいちばん辛かったという。
    私もそうだった。

    自分ではほぼクロだと思ってた。
    でも、もしかしたら違うかもって気持ちもちょっとあった。
    違うといいなという気持ちはたくさんあった。
    毎日胸を触って、もしかしたら固まりがなくなってるかもしれないと期待したけど、そんなことはもちろんなかった。
    それより、どんどん胸のカタチが変わってきたような気がした。
    腕を上げると、胸の上のあたりが歪にふくらむ。

    毎日、家に帰っても仕事中もインターネットで検索ばかりしてた。
    自分の状態に近い人で、良性だった、わーいと言ってる人はいないかとか、良性だったらどんな状態かとかはもう検索しつくしたので、次は、乳がんについて調べることにした。
    乳がんはどんな病気で、どんな治療をして、どんな経過をたどるのか。
    手術、抗がん剤、放射線、ホルモン療法、Her2…などのキーワードを頭に入れていく。

    「乳がんは進行が遅い」「5年生存率は高い」「発見が早ければ治る病気である」「抗がん剤は昔ほど副作用に苦しまない」などよい情報も目にしたはずだけど、このときは気持ちがいっぱいいっぱいだったので、「がんだったら抗がん剤をして、ガリガリに痩せて、入院してそんなに遠くない将来……」って思いこんでた。
    いろんな情報を目にして文字としては理解してるのに、悪いことしか考えられなかったんだよねえ。
    もう私はこれから楽しいことは何もできなくて死んじゃうんだわ、と悲劇のヒロインモード。
    今思えば不思議だけど、あれはやっぱりどうにかしてたんだと思う。
    それでも知識だけは十分増えたので、この時間は無駄だったわけじゃないから、まあいいか。

    このとき、誰かに相談する、というのはまったく考えなかった。
    たぶん誰かに話しても「大丈夫だよー。気にし過ぎ。結果が出てみないとわかんないこと心配しててもしょうがないよ」と言われるだろうなーと思ってたから。
    や、私だったらそう言ってただろうなー。
    でも、今は絶対そんなこと言えない。

    もし、今、結果を待っていて不安でどうしようもない気持ちをかかえている人にアドバイスがあるとしたら、不安な気持ちはどうしたって払拭できないと思うので、どうせインターネットで調べちゃうなら冷静になって正しい情報を仕入れるといいと思う。
    そうすれば、万が一、がんと診断されたときの説明がよりよく理解できて慌てないと思うから。
    もし違ったならそれはラッキー。

    ↓このあたりのサイトをよく見た。
    がん情報サービス 
    がん患者サービスステーションTODAY!
    がんサポート 

    私はずいぶん勉強したつもりだったけど、病名を告げられたといは、予期しなかった結果に冒頭で思考がストップしかけたんだったよ、そういえば。


    ↓おもしろかったり、気が向いたりしたらクリックしてください

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

  • 2012/11/26 クリニック診察2回め(バコラ生検)。
  • とうとうバコラ生検の日がやってきてしまった。
    前回の診察から今日まで。
    検索につぐ検索。
    バコラ生検とマンモトームについて、深く深く検索。
    なぜか床が血だまりになったとか、叫ぶほど痛かったとかばっかり目につく。

    仕事を早退して、夕方、診察の最後の時間にクリニックに到着。
    もうこうなったら覚悟を決めるしかない。
    よし。意識を飛ばそう(意味不明)。
    ベッドに横になって目は半眼に、頭をボーッとさせて、意識はどこか南の島にでも。
    もしくは修行僧のように心を無に(できません)。

    エコーガイド下で行うので、部屋は薄暗い。
    器具がかちゃかちゃ鳴って「じゃあ、麻酔しますね。チクッとしますよ。」
    麻酔はそんなに痛くなかった、と思う(意識を飛ばしてたので覚えてない)。
    麻酔が効いてきたころ、「じゃあ、はじめますね。」と言われて、ハサミでチョキチョキ切られてるのがわかった。
    たぶん、針を刺すところを四角く切ってるっぽい。

    先生がエコーで確かめて「ぐっと押しますよー。」と言われ、太い針が入っていった(らしい)。
    あれ? 全然痛くない。
    「大きな音がしますよ。」バシッ。
    とスプリングが作動したような音。結構、びっくりする。
    先生が取れた細胞をプレパラートに出してる音。
    そのあいだ、看護師さんが体重をかけて針を刺したところを押さえて止血。
    なんか原始的だ。結構、強く押されてる感じ。

    そして、何度か細胞を採取するので、再度針を刺す。
    バコラは何度も針を抜き差しするのがイヤだった。
    刺すたびにドキドキしたよー。

    とはいえ、4回くらい抜き差ししたと思うけど、ほとんど痛くなかった。
    先生に「痛いけどもうちょっと我慢してね。」って言われるけど、これがまったく痛くない。
    そうだ、意識を飛ばしてたからか!(違います、先生が上手だったんです)

    最後に刺したのは、結構深いところまでぐぐっと入っていった感じがして、そのときはちょっと痛い、というか押される感じの鈍痛があったけど、我慢できないほどではなかった。
    「ごめんね、痛いね。もうちょっとだからがんばって。」って先生は励ましてくれるので、痛くないことが逆に不安になってきたくらい。

    最後は長めにぎゅーっと押して止血をして、テープを貼ってガーゼをあてて終わり。
    出血がなければ翌日からシャワーをあびていいとのこと。
    止血をしてもらってるときに「ブログで血が噴き出したとか怖いことばっかり書いてあったんですけど、全然痛くなかったし大丈夫でした!」と看護師さんに言ったら「ここでは、そういうことはあんまりないですよー」とのこと。
    やっぱり先生が上手なのかしらね。
    あと、私の場合、ターゲットが大きかったので取りやすかったとか。

    すべての検査を終えて、診察室を出るとき、たぶんこんなこと聞いても教えてくれないだろうなーと思いつつ、「悪性の可能性ってどのくらいありますか? いろいろ調べたら怖くなっちゃいました。」と聞いてみた。
    「良性でもこういう症状になるから、針生検査の結果を見ないとなんとも言えないかな。今から心配するのは時期尚早ですよ。」との答え。
    でも、先生はすでに悪性だと確信してたんじゃないかなーと思った。
    だってさー、後日、電子カルテのマンモグラフィの所見に「カテゴリー5」って書いてあったの見ちゃったんだもん。
    生検の結果を見て、はっきりしないといい加減なことは言えない、ってことだったんだろうね。
    特殊がんだったしね。

    いやー、これまででいちばんドキドキして怖かった経験だった。
    でも、これが悪性だったら、これで終わりじゃなくて、もっともっと怖いことが待ってるんだなあ、とも思った。
    だけどね、このあとさまざまな出会いがあって、このときほど恐怖を感じることなく今に至ってる。
    それは今後、追々。

    結果が出るのは12月10日。
    2週間も、悶々とするのはキツいわあ。
    実際、この期間が精神的にいちばんキツかった。

    薬局でロキソニンをもらって、なんとなく痛くなってきた気がしたので、その場で飲んで帰宅。

    <本日の治療費>
    再診料、画像診断料、手術料、病理診断 7,783点 23,350円
    投薬 142点 430円


    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 2012/11/17 クリニック診察1回め(マンモグラフィ、ECHOなど)。
  • 土曜日の朝、クリニックへむかう。
    どんな場合、どんな検査をするのかは、事前に調べた。

    1度だけ、4年前に職場の検診でマンモグラフィと触診を受けたことがある。
    マンモグラフィは私の場合、つらいほど痛かった記憶はない。
    ガラスの板に胸がはさまれてぺちゃんこになるという滑稽さに笑いをこらえたような気楽さだった。
    このときは検診専門の施設で検診を受けたんだけど、マンモグラフィを撮り終えた直後に検査技師の人に「問題ありませんので、2年に1度の検診で大丈夫ですよ。」と言われた記憶がある。
    そういうのって検診センターみたいなところだと技師さんが直接言うことがあるんだ、ってちょっと不思議に思った記憶がある。
    そして、そのときの検査結果を引っ張りだして見てみると「右石灰化・良性」と書いてある!
    石灰化はあったってことだ。
    そして、もしかしたら、それは良性に見えたけど良性ではなかったってこと?
    その後、検診に行かなきゃ、と思ってはいたけど、結局、4年間行ってなかった。
    もし、行ってたらもっと早く見つかっただろうか?

    まあ、人生に if はないので考えてもしょうがない。

    クリニックでは、まずマンモグラフィの撮影。
    女性の技師さんで、とても丁寧で親切な印象。
    このときも痛みはあんまり感じなかった。
    そのとき「乳頭はいつもこのくらいへこんでますか?」と聞かれたのが気になった。
    やっぱり明らかにへこんでますよねえ…。

    次は診察室で先生によるエコー。
    このあたりのことは、なんかあんまり記憶がない。
    エコーの画面を見てもさっぱりわかんないし。
    あ、でも健側には嚢胞があるって言われたような気もする。

    「はっきりしないので針で調べましょう」
    あー、やっぱりきたか、と思った。
    「細胞診(細い針で細胞の一部を採取して悪性かどうかを調べるもの)だと悪性と出た場合、結局もう1度、太い針で調べなきゃいけないから、最初から生検をします。今日はできないので後日の予約を取ってください。」とのこと。
    ありゃー、こりゃ悪性の可能性高いよねー、やばいよねー。

    太い針ってマンモトームってやつだよねー。
    マンモグラフィやりながら太い針をブスって刺して細胞取るんですってね。
    マンモトームをネットで検索すると、ものすごく痛くて血がベッドにダラダラ流れたとか、家に帰って傷口のテープを外したら、血が噴き出して着ていたTシャツが真っ赤に染まったとか、包帯でぐるぐる巻きにされたとか書いてあるのばかり目についた。

    (これから同じ検査をする人が恐怖を覚えるといけないので先に言っておくと、私の場合、痛くもなく血も噴き出しませんでした!)

    この検査がほんとにほんとにイヤだった。
    今まで大きな病気をしたことがないので、切った貼った縫ったは未経験。
    外科的手術は強いて言えば親知らずを抜いたくらい。
    経験したことがないことはものすごく怖い。
    この検査を受けることにショックを受けて、なんかぼんやりしてた。

    このクリニックではマンモトームではなく、バコラ生検といわれるもので、エコー下で針生検を行うもの。
    バコラってさらになんかマンモトームより言葉の響きが怖い。
    なんか悪もんの親玉みたいな名前なんだもん。
    もっと響きの優しい名前にすればよかったのにー。

    バコラ生検ができるのは11/26とのこと。
    10日近く先か…。
    その日は看護師さんよりバコラ生検の説明を聞いて終了。
    同意書を書かなくちゃいけないんだけど、「今書いてもいいですよ」と言われて「いえ、持って帰って当日持ってきます」と答えてた。
    怖くて、ちょっと逃げる気だったかもしれないなー。
    逃げるわけにはいかないのはわかってたけど。

    「もしかして悪性の可能性高いですか?」とか聞くのも忘れて、ぼんやり帰り支度。

    そして、受付で帰り際に「検査は2万円近くかかりますので、次回ご用意をお願いします。」といわれて、我に返るの巻。
    くるとき降ってた雨はやんでたなあ。

    <今日の治療費>
    初診料、画像診断料、検査料 1,382点 4,150円


    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • クリニックを決める。
  • ふたつにしぼったクリニック。
    このサイトなどを参考に。

    ①検索するとかなりの頻度で上位に表示されるクリニック。早くて正確な診断を得意とする。自宅から近くはない。
    ②家から歩いていける距離ではないけど、自宅と同区内。行きたいと思っている病院と連携がとれている。

    この頃の心境、とにかく根拠もないけど、絶対やばい、と思ってたので、早く診断してくれるっていうのが魅力的だった。
    だから、家から遠いけど気持ちは①に傾きかけてた。
    とはいえ、なんとなく決めかねて、ふたつのクリニックのサイトや口コミサイトや紹介サイトを熟読。

    ①のクリニックのサイトには質問ページがあって、院長自らひとつひとつの質問に詳しく答えていた。
    とても誠実に思えたけど、ある質問に目が止まって心が動いた。
    「悪性の葉状腺腫を放置したらどうなりますか?」という質問にひとこと、「死に至ります」と書いてあった。
    いや、そりゃそうなんだろうけど、不安で不安でどうしようもなくて質問している人にその言葉はないよ。
    私はそんな対応はされたくない、と思ってそこに行くことはもう考えなかった。

    ②のクリニックは、基幹病院としっかりした連携があるし、もしもがんだった場合、MRIなどの検査や手術は基幹病院で、抗がん剤の点滴や術後の投薬はクリニックで行えるらしい。
    紹介サイトだったか「患者さんのことは家族だと思っています」という一節が心に残った。

    決めた。
    こっちにする。
    そうと決まったら、早速予約。
    金曜日にインターネットで翌日の診察を予約した。
    右胸に大きなしこりがあることと、同じ側の脇の下にぐりぐりしたものがあるような気がするということを書いて。

    金曜日の夜、豊洲で取材を終えたところにクリニックから電話があって、土曜日の診察時間を告げられた。
    この日の夜の空気、街の灯りの感じ、よく覚えてる。
    月の船が道の向こうに浮かんでた。




    第一関門はなんとか冷静に乗り越えられたと思う。
    でも、やっぱり最後は勘だよね。

    そして、この数か月後に、この選択が間違っていなかったことを確信する。
    ただの勘じゃなかったかも。

    ↓おもしろかったり、気が向いたりしたらクリックしてください

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 病院探し。
  • どこの病院に行こう。
    ラッキーにも都心に住んでるから、病院はいくらでも選べる。
    でも、いきなり特定機能病院に行っても数カ月待ちだったり、紹介状がなければ初診時特定療養費がかかっちゃう。
    ならば、まず行きたい病院に紹介してもらえるクリニックとか近所の病院に行けばいいって考えた。
    意外と冷静だったんだろうか。

    だけどこの頃って、誰にも相談せず平静を装いながら、「結構やばいどうしよう、ぎゃー」と心のなかでは常に思ってた。
    や、でも、まずい状態にあるときって、意外と研ぎすまされるというか、頭も勘も働くのかも。

    まず考えたのは数年前から子宮筋腫の経過観察でかかっている大きな病院にするか、ほかの病院にするか。
    そのとき、なぜか国立がんセンターと癌研有明は選択肢になかった。
    なんとなく、病院名に「がん」ってつくのが怖かったんだよね。
    ただそれだけの理由だったかも。あと混んでそうだし。

    「乳がん病院ランキング」とか評判サイトを見て思ったのは、同じ規模の病院だったら、そんなに治療に差はないんじゃないかということ。
    症例の多い病院ならいわゆる標準治療が行われてるだろうし。
    と、そのときそこまで思ったかどうかは、ちょっと覚えてないけど、いろいろ見ているうちに、今通っている病院にしようと決めた。
    なぜそう思ったかは、まったく思い出せないなあ。
    子宮筋腫でかかってる病院の乳腺外科も十分評判はよかったし、婦人科と連携するようなことが出てきたら、同じ病院の方がいいに決まってるんだけど、なぜかその病院を選ばなかった。
    たぶん、勘だったと思う。

    行きたい病院が決まったら次は最初に行く病院をどうするか、
    結構、ここは大事。第一の関門。
    ここで見落とされたり、行きたいと思っている病院につないでもらえなかったりしたら失敗だ。
    まあ、紹介状は書いてもらえるから、行きたい病院に行けないってことはないんだけど、できれば連携してるところがいい。

    そして、第一関門を乗りこえるべく、ネットで情報収集すること数日。
    やっとふたつのクリニックにしぼってぎりぎりまで悩みに悩んだのである。

    ↓おもしろかったり、気が向いたらクリックしてください

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • はじまりの話。
  • はじまりは2012年11月はじめ。

    どうも調子が悪かった。
    まずお酒があんまり飲めなくなった。
    今思えば、数年前から、やたら疲れやすくなってた気もする。
    前の年はひどい汗泡が手のひらや足の裏にできて大変なことになった。
    そういえば、なぜかワイヤーのブラをするのがイヤで、1年前くらいからユニクロのノンワイヤーのものばかり着けてたっけ。

    11月3日は所属しているクワイアのステージだったんだけど、ひどいアレルギーのような風邪のような症状で、結局、参加することができなかった。

    たぶん、その数日後。
    なんとなく右側の胸の表面あたりがピリピリする。
    痛い、というよりピリピリする。
    弱い電流が走るみたいな感じ。
    しばらくは気にとめてなかったけど、そういえば、自己触診もしてないし(それまでも何かで話題になったときに思い出したようにやってたくらい)、健康診断も受けてない。なんとなく気になってベッドに寝転がって胸を触ってみた。

    そしたら、左胸にはない、鶏卵大のものが手に触れた。
    まさにかためのゆでたまご、といった感じ。
    なんかこれはやばい! と直感的に思った。
    もうほんとに直感的に。根拠もなく。

    ベッドから飛び起きて、Macの前に座り、「乳がん」を検索。
    梅干しの種みたいなものが触れる、5センチを超えるとやばそう、乳頭の陥没、乳房のカタチが左右違う…などなどさまざまな情報。
    いや、これ梅干しの種みたいにかたくないし、可動性あるし、だいたいこんなに大きかったらもうやばいから違うよね…と乳がんではないという情報を必死で見つけようとしてた。
    でも、鏡に映してみると、なんか左右のカタチが違う。
    乳頭も凹んでる…よなあ。

    葉状腺腫という名前も見つけたりしたけど、やっぱりどう考えてもやばい気がする。
    根拠はないけど、なんかこれはまずい、絶対まずい、という気がしてMacにかじりついて1週間くらいは「乳がん」と「葉状腺腫」を検索してた。
    どんどんどんどん深いところを検索。

    このころ、毎日怖くてどきどきしてた。
    誰かに相談する、という気も起こらなかった。
    1週間くらい検索しつくして、同じページばかり目につくようになったころ、やっととにかく病院に行かなきゃラチがあかないと思うようになった。

    そして、今度は病院の検索を始めた。
    今までたいした病気をしてないので、どこの病院に行っていいのか見当もつかない。
    本屋で『病院ランキング』みたいな本を立ち読みしたり、ネットの口コミを見たり。

    そして、この病院選びが、大げさにいえばこれからの人生を左右するほど大事だったと後々気づくのである。


    ↓おもしろかったり、気がむいたらクリックしてください。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • はじめに
  • はじめまして。

    2012年12月に浸潤性小葉がんの確定診断を受けました。
    術前化学療法を経て、2013年8月に手術、一次二期再建のため、現在、ティッシュエキスパンダー挿入、ホルモン療法中です。

    ライブやお芝居のレビュー、写真の掲載、読書のレビュー、旅日記めいたことは長く別のブログで書いていたのですが、別建てで乳がんのことを書いていくブログを立ち上げました。

    多くのブログ作者の方がおっしゃっているように、不安で不安でどうしようもなかったころ、たくさんのブログを読むことで、勇気をもらったり、勉強させてもらったりしました。

    がんは100人いれば100とおり。
    だから、いろんな人のブログを読みました。
    同じようなサブタイプの人、病理結果が似てる人、小葉がんの人、環境が近い人…。
    いつのまにか、会ったこともないのに、なぜかとても身近に、戦友のように感じていました。
    また、化学療法の副作用に対しては、いろんな人の経験を読むことで、ずいぶん準備をすることができました。

    自分の経験を書くことで…私がそうであったように…不安を抱えて震えている誰かの役にたてればいいなあという思いと、自分の記録のためにこのブログをはじめたいと思います。

    また、特殊がんである小葉がんについて情報交換ができればいいな、と思いつつ…。

    さて、まずはいろいろあった1年を少しずつ振返りますか。


    ↓ランキングに参加してみました。
     おもしろかったり、気が向いたらクリックしてください。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。