• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 桜の下を2日で50キロ歩いた!
  •  土曜日,この日は乳腺クリニックの定期診察で朝いちの予約,再建クリニックの診断書をもらいに行くというミッションがあった。乳腺クリニックがあるところは,桜がたくさん植わっていて,近くに緑道もあるので,朝から散歩して適当なところで電車に乗って再建クリニックに向かうことにした。たしかこのあたり昨年も歩いたなー。

     クリニックの近くの街路樹は八重桜なのでまだつぼみ。そのほか,周辺の道路脇に桜が植わっているので,見事な桜のトンネルに誘われトンネルに沿って歩いていたら,再建クリニックとはまったく違う方向に歩いていた。軌道修正して暗渠になっている桜の緑道を延々歩く。ずーっと桜の下を歩いていたので,幸せな気分だった。
     2時間ほど歩いたところで,さすがに疲れてきたのでGoogle Mapで検索すると再建クリニックの近くまでバスで行けそうな感じ。

    無事,診断書をピックアップして,東京タワーのあたりに行ったら田町にいるやっぺさんと合流。やっぺさんも午前中,桜散歩をしてきたということで,お昼を食べてさらに歩き出す。六本木あたりまで行く? ということになったはずが,なんとなく歩いていたら,また全然違う方向に向かっていたので,それはそれでよしとして,赤坂の日枝神社へ。
    ニューオータニの桜並木(ここも八重なのでまだつぼみ)→公園で豆餅を食べる(再建クリニックの近くにあるお昼頃には大福が売り切れてしまう和菓子屋さんでなんとか手に入れたもの)→四谷→某クリニックの前を通過・笑→皇居のお堀(気が狂ったような人出だったので早々に退散)→靖国神社(暗くて桜は見えない)→神保町スヰートポーヅで餃子定食→帰宅。という桜三昧の1日だった。

    家に帰ってiPhoneで確認したら32キロ近く歩いてるし! 高尾山→陣馬山の縦走よりも歩いたよ! 1,500カロリー近く消費(されたはず)。さすがに疲れたけど,炭酸のお風呂につかって,圧着ソックスをはいて寝たら足の疲れはほぼなしだったし,疲れも残らなかった。

    日曜日は,遠回りして桜並木の緑道を歩いて別なクリニックに必要な診断書をもらいに行って,深川へ。やっぺさんに「深川に行ってきまーす」とラインを送ったら,合流してくれるということで,門前中町で合流。深川の桜も川沿いにたくさん植わっていて,それは見事だった。人もほどほどだったし。和船に乗れるイベントをやっていたけど,着いた時間にはすでに予約いっぱいで乗船できず残念だった。次は和船で桜をながめたいなあ。

    清澄白河まで歩いて,ブルーボトルコーヒーに行こうと思ったらなんと行列。コーヒーに並ぶ気はないので(もともと並ぶのがキライ),雰囲気のよさそうなカフェを見つけていっぷく。サードウェーブのカフェはどこも混んでてびっくり。並んでコーヒー飲みたくはないなあ。ブルーボトルは日本初進出って言ってたけど,数年前に渋谷西武の地下に入っていたのを知ってるよーだ。でも,あのブルーボトルのロゴはかわいくて好き。

    ここでやっぺさんと別れて,暗くなったけど清澄白河のあたりを散歩して(以前働いていた会社の近くを通ってみて,潰れているかと思ったらまだあった。),森下から電車に乗って帰宅。

    この日も20キロ以上歩いてた。よく歩いたなあ。東京って,桜をたどって歩くと延々歩いていけるかもしれない。来週も桜吹雪のなかを歩こうかなあ。
    そして,2日で50キロ近くあるいたにもかかわらず,体重は現状維持くらいな感じだった。脂肪はなかなか手ごわいのであった。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がん  <div class =
    スポンサーサイト

  • 目からうろこのスキンケア(美容オイルケア)
  • わたしがもともと,あまりスキンケアとかに熱心ではないので,知らなかっただけで,すでにみなさん知っているのかもしれないけど,先日,マンマチアーに参加したときに美容ジャーナリストの山崎多賀子さんから教えてもらったオイルケア。
     乳がん関連のセミナーやイベントに参加するとよく試供品がもらえる「バイオイ
    ル」

    傷跡などを修復する力もあるけど,美容オイルとしても使える。

     顔に浮いてくる脂って,なんとなくきらわれるけど,じつは脂こそ大切で自分の肌に油が浮いてきたら,それをほかのところに塗ってもいいくらいらしい。
     乾燥するのは水分が足らないのではなく,油不足。顔の一部に脂が浮いても,ほかが乾燥してたら,それは乾燥肌なんだって。乳がんになる前、鼻やおでこのあたりは脂っぽかったけど、頬のあたりは冬になると粉がふくくらい乾燥してた。

     わたしは乳がんになって,生活習慣や食べるものを少しかえたことで,肌の調子がびっくりするくらいよくなった。わりと敏感肌なので刺激の少ない化粧品を使ってるけど,そんなに高価なものは使っていないし,普通のケアしかしていない。
     ファンデーションのノリはあまりよくないとかよれるとかいろいろあるけど,まあ年齢も……ねえ,って感じなのでそんなものかと思っていた。

     山崎さんのお話しによると元気な肌はツヤが違うらしく,それをオイルケアで得られるらしい。何万もするクリームや美容液を使ってもいまいちだった肌がオイルケアで格段によくなったとか。

     方法は,お風呂上りにオイル美容液(上記のバイオイルでOK)をつけて,そのあとに普段のスキンケアをするだけ。オイルでべとべとになりそうだけど,そんなことはないらしい。化粧水などのブースター(導入剤)の役割もして,水分も浸透しやすいとのこと。
     そして,朝は蒸しタオルで顔を温め(2回が理想),同じケアをするといいそう。

     あまり,顔がべたべたするのが好きではないので,今まではあっさり系のスキンケアをしていたんだけど(めんどうなので簡単に),バイオイルの試供品もたくさんあるし,現品ももらったので,だまされたと思ってちょっとやってみた。
     そしたら,朝起きたらたしかに肌がもちもちしているし,ちょっとツヤっぽい感じがする。朝はあまり時間がないけど,ちょこっと蒸しタオルをして同じようにやってみた。
     じつは,日中のほうがエアコンとか外気で乾燥しやすいので,朝,オイルケアをすることが大事みたい。

     だまされたと思ってやってみたけど,だまされませんでした。
    オイルケアをはじめてから,さらに肌の調子がよくなったかも。ファンデーションのノリもよくなった気がする(よれるのは塗り方がヘタなんだろう)。

     バイオイルのまわしものでもなんでもないけど,試供品が手元にあったら,だまされたと思ってやってみて。
    わたしにはあってたけど,だまされたらごめん。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • こりゃダメだの24時間テレビのドラマ。
  • もともと24時間テレビなんて見ないんだけど、乳がん関連のドラマなので見てみた。

    なんだこりゃ。
    最初からナレーションが地獄からの放送みたいに暗い。
    そして突っ込みどころ満載ではないか。
    家族の絆、みたいなものがテーマだからしょうがないのかもしれないけど、いろいろはしょり過ぎ。
    がんが消えて5年たったら完治?
    ちゃんと取材した?

    抗がん剤をやめて食事療法でなおったっていう人が出てくるわ(さすがに「私の場合はね」って枕詞がついてたけど)、あたかも食事療法でがん細胞が小さくなったような表現があるわ。
    食事をちゃんとつくる、っていうのはいいことだと思うけど、食べ物でがんは治らないと思うよ。
    ちゃんとした食事が精神を安定させるっていうのはあるよね。
    でも、幼児に無理矢理、玄米食べさせようとするとか…。

    がんになったら悲惨な生活が続くような描き方。
    抗がん剤でのたうちまわって、吐いて髪の毛抜けて、精神ぶっこわれて…みたいな紋切り型、もういい加減やめたらいいのに。

    再再発した患者の母親に「がんが消えて治ったんですよね? なぜこんなことに」って言われたドクター、「私にもわからないんですよ…」って、ないない、それ。
    どんなドクターだよー。

    原作があるみたいだけど、どこまで原作に沿ってるんだろ、と疑いたくなる。
    あ、でも原作の人は食事療法をやってた人ではあるんだね。
    http://book.asahi.com/reviews/column/2012121000004.html
    ↑佐々木俊尚氏の書評。

    私はこの本を読んでいないので、下記に書評を一部抜粋させてもらう。

    『夫婦は代替医療を試み、「ブラックジャック」と呼ばれる医師にたどり着く。診療の後に黒い液体を点滴されると、嘘(うそ)のように長年の肩の痛みが消えたが、内容物を医師は教えてくれない。これにがんセンターでのホルモン医療を加えて、がんはいったん消滅する。
     奇跡のようなできごとから夫婦は玄米や野菜を中心にした食事療法に目覚める。だがそれを過信して妻は病院に足を運ばなくなり、「血を抜かれると免疫力が落ちる」と血液検査さえ拒むように。そして気がつけば全身転移——。
     途方に暮れた夫は現金100万円を携え、関係が切れていたブラックジャックに土下座するが、「信頼関係をなくした」と断られてしまうのだ。』


    子どもとのやりとりはいいな、と思ったけど、それがテーマのドラマだから、そこまでダメだったらほんとにダメなので、ひとつは救いはあったね。

    しかし、リアリティ感じないなあ。
    美輪さんのSONGSを観たいので最後まで観ませんよっと。

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • near40℃ 熱発の3日間(1)_クリニック探し。
  •  先週の火曜日、朝、お弁当をつくって、朝ご飯を食べようとして、なんとなくイヤな予感がしたので熱を計った。
    37度5分。
    あーあ、やっぱり熱が出てるよ。
    月曜日にものすごく寒くて、トイレが近くなったのでおかしいな…と思ったら、やっぱり膀胱炎→腎盂腎炎のような気がする。

     20歳のとき、ちょっと重めの腎盂腎炎にかかってから、その後、15年くらい前と3年前にもやってしまっている。
    だいたい、共通の落ち込むできごとがあって、体重を急激に落としてお酒ばっかり飲んでたり、朝まで遊んだり、むちゃくちゃな生活をしたあとにかかる。
    3回ともだいたいそうだ。今回はちょっと違うけど、体重は落ちてるし、このところ毎週末、ぎっしり予定を入れていたので、疲れもたまっていたんだろう。
    うーん、むべなるかな…。
    最初は1か月くらい入院して、2回めは1週間、3回めは外来で内服だけの治療。このときは、38度オーバーの熱があったけど、わけあって熱があることを隠して仕事に行ってた(感染する病気じゃないので)。
    わたしは子どものころから、わりと熱に強いみたいで、熱があっても食欲はあるし、そこそこ動ける。

     今回は入院になったりしたらイヤだし、このまま放ってほくとやばい気がしたので、とりあえず1日仕事を休んで寝ていようと思った。
    すでに仕事に行く用意をしていたので、そのまま近所のクリニックへ行こう。
    前回行ったところは、内科と産婦人科を年配の院長がひとりでやっていて、高熱があるんです、って訴えて行っているのに、「今、子宮内膜症になる人が多いんですよ。検査しませんか?」とおせっかいな提案。
    子宮筋腫で半年に1回、婦人科に行っているので無用です、って言っても「大きな病院だと適当に診られてるからちゃんとわからないよ」ですって。
    いや、信頼している先生に診ていただいているので結構です、っていう不毛な押し問答を続け、「じゃあ、子宮内膜症の腫瘍マーカーをしましょう。ちょっとのお金をけちるか、ここで発見できるか、どうしますか?」ってしつこいので、あー、(めんどくさいな)じゃあやってください(それより早く主訴の診察をしてよ)と答えた。
    「内診もやる?」
    や•り•ま•せ•ん!!! あほかと思ったけど、とりあえず薬が欲しいので我慢してそのときは2回くらい通った。そこには金輪際行く気はない。

     こういうとき、内科のかかりつけがないと困るので、今後のためにも熱にうかされた頭でネットで検索して、わりと近くでよさそうなクリニックに行くことにした。
    最近できたクリニックらしくきれいですいている。
    10分くらい待って診察室に入って待っていたら、扉から入ってきたのはショーン•コネリー似の外国人の先生(あとでクリニックのサイトを見たらハーフの方だった)。
    あんなにガタイはよくない。まあ、つまりは頭髪が。
    症状を訴えたら、「まちがいなく膀胱炎なので抗生剤を出しますが、検査をしますか」と。
    まあ、わたしも膀胱炎からの腎盂腎炎になりかけ、と思っていたけど一応検査をしてもらった。

    院内でできる検査結果だけでも聞けるかと思ったけど、聞けなかったのはちょっと不満だった。培養は時間がかかるとして、尿一般って院内でできないんだっけ?
    まあ、いいか。たぶんほかの病気であることはなさそうだし。

     クラビット500mgを1日1回、5日分処方してもらって家路に着いた。
    クラビットって前は2回に分けて飲んでたけど、最近は高容量を1回の方がいいんだね。粒がでかいよ。
    家に帰ってさっそく飲んで布団に入って熱を計ったら38度近くになってた…。
    左脇腹、うっすら痛いもんねえ、腎盂腎炎っぽいよねえ。

    しばらくして起きたら、おなかがすいていたので、朝つくったお弁当のご飯をおにぎりにして、昨日つくったお味噌汁とお弁当のおかずを食べられたので、あー、こりゃ熱下がったなと思って計ったら38度4分あるー。
    よくご飯たべられたな、わたし。まあまあおいしかったし。

    明日は行きまーす、って職場に電話しちゃったので仕事には行きたいので(行かないと自分のクビがしまる。同僚はわたしの仕事をやる気はない。っていうか仕事自体をほとんどやっていない。今月で契約終了になるけどね。なのでなおさら仕事をやる気がないと思う。)、とにかく寝ることにした。

    なんか長くなったので、続きはあした。

    <今日の治療費>
    初診料 270点、検査料 387点、投薬料 68点 計2,180円
    薬剤薬 395点 1,190円


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 帯状疱疹???
  •  昨日、お風呂をあがってエキスパンダーを入れた胸をチェックしていたら、下側の手触りがなんかへん。ざらざらしてる。
    見えないので手鏡に移して見てみたら、赤い発疹のようなものがポツポツと…。
    痒くもなければ痛くもなくて、なんかイヤな感じ。

     さっき、あらためて見てみたら、背中の方にも同じような発疹がある。
    あれ? もしかしたら、これ帯状疱疹???
    そういえば、きのうかおとつい、背中のあたりがピリピリした感じがした気がする。
    ちょうど手術して感覚がなかったところなので、麻痺がとれて痛みが出てきたのかと思ったんだった。
    でも、それ1回きりで特に痛みはない。
    んー。これ、帯状疱疹だとしたら早く皮膚科に行った方がいいよねえ。
    ちゃんと見てくれる皮膚科がいいなあ。
    震災の年に、汗疱とひどい汗疹になったとき、患部も見ないでステロイドを出した皮膚科には2度と行きたくない。

     去年の10月に山田邦子さんが講演で「1年めはがんばりすぎて倒れちゃったのよー」て言ってたけど、自分では大丈夫なつもりでも、やっぱりどこかやられてるんだなあ(って昨日も同じこと書いたね)。
    でも、2年め、3年めってどんどん元気になっていったよ、って言ってたから、たぶん大丈夫。

     3回水を入れた胸も、なんだかエキスパンダーのふちがあたるあたりが痛い。
    最近できてなかった口唇ヘルペスはできかけるし、口のなかは痛いし(疲れると歯茎が腫れる)、なぜか膀胱炎っぽい感じだし、免疫力が落ちてるのか。
    あんまりいろんなことを想像して、気に病んでもしょうがないので、もうちょっとようす見て主治医に相談してみるかなあ。

    疲れないように早く寝よう。
    おやすみなさい。




    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
      次のページ>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。