• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 情報リテラシー「健全な懐疑主義」
  •  職業病かもしれないけど、なにかを見たり聞いたり読んだりしたときに、まず疑問を持つようにしている。
    あと、「極論」はとりあえず疑う。
    アピタルの記事に、「『極論』に潜む罠」というのがあった。

     インターネットには極論やセンセーショナルな見出しで人を引きつける広告であふれている。
    よく見かける医療•健康情報には「○○を飲めばがんが治る」「○○をすれば病気知らず」という希望系と「××を食べるとがんになる」「××をすると死ぬ」という恐怖系という極論があるという。
    たしかによく見る文言だね。

    以下、記事の引用*************。

    さらに、このような情報には、共通している点として以下のような特徴があります。

    ◎ものごとを白黒つける
      例)マイナスイオンは体に良く、プラスイオンは体に悪い
      例)手作り料理は体に良く、コンビニ弁当は体に悪い
    ◎ものごとを単純化する
      例)水道水を飲むと癌になる
      例)サラダ油を使うと早死にする
    ◎感情を揺さぶる
      例)希望系:病気に悩んでいる人に希望を与える
        恐怖系:命にかかわることを突きつけ脅迫する

    そして、情報を読み進めていくと、あまりにも都合よく希望を叶えてくれたり、揺さぶられた感情(不安・恐怖など)を解消してくれたりする商品の宣伝に行き着くことがあります。

    (中略)

    情報そのものを遮断することは、現実的には不可能です。そのため、大切なのは、情報を目にしたり耳にしたりした時に、その情報を自分自身の決断・行動に対して取り入れるのかどうかの「見極め」です。

    では、どのように見極めたら良いのか?
    ポイントは、情報を鵜呑みにするのではなく、また拒絶するのでもなく、客観的・批判的に読み解いていく「健全な懐疑主義」になります。そして、健全な懐疑主義に基づいて情報を吟味することで、バランスのとれた理解ができるようになります。

    ここまで引用****************。

     疑うっていうとことばが悪いけど、「健全な懐疑主義」っていうのは言い得て妙。
    すべてを受け入れるのでもなく、最初から拒絶するのでもなく、冷静に見極められる力がつくといいなあと思う。
     12月17日(木)に、国立がん研究センターで第3回がんサバイバーシップ、 「<がん情報サービス>をもっと知ろう」という国立がん研究センターで開催される。

    「信頼できる情報をいかに見つけ、 いかに活用していくか。 今回はそのノウハウをお伝え するとともに、 がん対策情報センターが提供する<がん情報サービス>を詳しくご紹介します。
    」ということなので、正しい情報を得るヒントになるかも!


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

  • 【情報】乳がん再発「骨髄中の物質の働きが関与」。
  • 乳がん再発「骨髄中の物質の働きが関与」

    以下、上記NHKのリンクから抜粋。

    •骨髄の中にある特定の物質の働きががんの再発に関わっているとする研究結果を国立がん研究センターのグループが発表。
    •女性のがんで最も多い乳がんは手術後、10年や20年など長い期間を経て再発することがあり、問題となっているが、骨髄の中に残ったがん細胞が増殖しているのではないかと考えられていた。
    •研究グループでは骨髄の中にある特定の細胞と乳がんの細胞を一緒に培養したところ、特定の細胞が出す物質を乳がんの細胞が取り込み、がん細胞の増殖が止まった。
    •しかし、がん細胞の活動が休止すると抗がん剤は効かなくなるため、骨髄の中に残ったがん細胞が何らかのきっかけで活動を活発化させるとがんの再発につながる。

    骨髄の中にある特定の細胞が、がん細胞の増殖を止めていて、結果それが抗がん剤が効かないという状況を生み出す、ってことかな。
    増殖が止まっているだけで、がん細胞として残っているので、何年か後になんらかのトリガーがあって、がん細胞が動き出すことがわかったってことなんだよね?

    この文章だけ読んでなんとなく、骨髄が、がん細胞の増殖を止めているのかと思ったけど、がん細胞が、その物質を取り込んで休憩してるっていうこともあるかもなあ。
    でも、それはちょっと、がん細胞の方が上手な感じがしてイヤなので、骨髄の物質が増殖を止めていて、そのあいだに新しい治療法や薬剤が開発されるのを待っているってイメージした方がいいね。

    よく考えたら骨髄って、自分のからだのなかで、どんな機能をしてくれているのかあんまり考えたことなかった。
    今度、ちょっと調べてみよう。

    これまでわからなかったものが「わかっていく」というのはとてもすばらしい。
    この研究で一刻も早く、少しでもメカニズムが解明され、新たな治療に結びついてほしいと思う。



    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 本日の読売新聞朝刊「医療ルネッサンス」。
  • 東京はまた一面真っ白の雪ですねー。

    本日の読売新聞朝刊の「医療ルネッサンス」で、先日、友人と受けた取材記事が掲載されました。

    お手元にあればぜひご覧下さい。

    私は私の、友人は友人の抗がん剤治療についてお話ししました。

    取材を受けて新たに感じたことや考えたこと、また後ほど。

    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 未分化がんを正常細胞に形質転換できる!?(鳥取大の発見)
  • 鳥取大が発見!ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる
    リンクはNAVERまとめサイト。

    日経プレスリリースより。
    「鳥取大学の研究グループ(代表:鳥取大学医学部病態解析医学講座薬物治療学分野 三浦典正 准教授)は、自身がクローニングしたRNA遺伝子の機能解析に従事している際、この遺伝子に関連して発現変動する単一のマイクロRNAを悪性度の高い未分化癌に導入すると、容易に悪性度を喪失させることができ、正常幹細胞へ形質転換できることを、世界で初めて発見しました。」

    世間は「STAP」の話題でもちきりだけど、これもなんかすごいことなんじゃないだろうか。
    素人だからわかんないけど。
    これから研究が重ねられていくことだから、今すぐ医療に応用できることではないけど、あらたな光になることを祈りたい。

    こういうニュースを聞くたびに、突然、画期的な治療方法が出てくるってことはないとわかっていても、世界中で、わたしたちが知らないところで、さまざまな研究がされていると思うと未来はそんなに暗くないと思える。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 【追記】CYP2D6について(検査を受ける前に)。
  • 前回、CYP2D6のことをもう1回。

    解析の報告書に
    「このテストは、肝臓で薬を代謝するCYP2D6酵素の働きを決定している遺伝子のタイプを調べ、その代謝機能を予測するものです。薬の効果は、薬を代謝する機能だけでなく、ほかの遺伝子による要因や体調、併用薬といった環境要因も関与しています。そのため、このテストの結果はCYP2D6が代謝する薬の効果を判定、もしくは予測するものではありません。薬は医師の処方のもと、正しく服用してください。」
    「2010年のサンアントニオ国際乳がん学会(SABCS)では「CYP2D6の遺伝子タイプは治療・再発と関連しないという報告がされています。」
    「日本乳癌学会のガイドラインでも推奨グレードC2(科学的根拠は十分とは言えず。実践することは基本的に勧められない)。」
    とある。

    私の友人ふたりが、別々の主治医(私の主治医とは別)にCYP2D6についてどう思うか聞いたところ、
    「科学的根拠は証明されてないから、今は意味がない。この検査の結果だけ信じられても困るよね」というようなことをふたりともがおっしゃっていたとのこと。

    今後、何年かたってもっと遺伝子研究が進んだり、症例が集まったりすればまた変わってくるんだろうね。
    将来、というか未来には、ひとりひとりの遺伝子が簡単に解析されて、すべて遺伝子によるテーラーメイド医療になってるなんてこともあるかしら。


    わたしは術後のホルモン治療が決まる前に検査を受け、てっきりタモキシフェン服用だと思ってたらレトロゾール(フェマーラ)になったので、「低代謝」という結果も受け流せたけど、もしタモキシフェンを服用していたらモヤモヤすると思う。

    エビデンスがはっきりしていない検査を受けるときは、まず主治医に
    「これこれこういう検査を受けてみようと思うんですけど、思わしくない結果が出たら先生はどうお考えになりますか? 薬の量を変えたり、種類を変えたりしますか?」
    と先に聞いておいた方がいいかもしれない。
    「エビデンスがないから気にしないで」と言われても、絶対モヤモヤする。
    長い間、モヤモヤして薬を飲み続けるのはちょっと苦しいよね。

    知ることも大事だけど、「そうかもしれない」ことを知って不安になるのもなんだかあまりよろしくない。
    知りたがりのわたしは、ちょっと気をつけようと思った。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。