• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • フェマーラ服用者に朗報(薬価が下がった)
  •  私は現在ホルモン治療中で,フェマーラを服用。今年の8月がくると3年服用したことになる。早いなあ。5年て長いと思ったけど,もう折り返し。
     フェマーラ10年のエビデンスは今のところないので,5年で終了となるんだろうか。10年飲みたい気もするするし,飲みたくない気もする。エビデンスが出れば飲むだろうなー。もしくは,そのとき治験とかやってたら参加するかもしれない。

     フェマーラはこれまでジェネリックが出ていなかったので,薬局ではいつも3か月で19,000円近く支払っていた。
     昨年だったか,ジェネリックが出たので変更すれば半分近くの支払いになる。そのころブログにも書いたけど,どうしようか悩んで変更しなかった。変更した方が自分のお財布にも医療費削減にも貢献するんだけど,いろいろ考えて変更しないことにした。

     4月に薬局に行ったとき,支払額は15,000円ちょっとになっていたので薬剤師さんに聞いたら薬価が下がったとのこと。
     年間にすれば12,000円程度安くなる。これはラッキー!
    薬剤師さんには「ジェネリックにすると,もっと安くなりますよ。」と言われた。
    それは,ごもっとも,わかっているんですけどね。

     どうせ入れないから見てもしょうがないけど,ときどき,がん保険のパンフレットやサイトを見ることがある。
     自分が,がんになる前も先進医療特約はわりと目にしてたけど,抗がん剤,ホルモン治療特約なんてあるのね。抗がん剤をやるごとに,ホルモン治療をやるごとに給付金がおりるらしい。
    これって,今だったら入っておけばよかったと思うけど,がんになってないと抗がん剤もホルモン治療もイメージわかないし,自分だったら入っていなかったかな。ホルモン治療は乳がんとか前立腺がんなどにかぎられるし。保険も博打みたいなもののような気もする。

    計算するといやになっちゃうけど,年間薬代で60,000円。旅行に行けるね。命を守るためだから,この出費はしょうがないけど。
    「がんになると本当にお金がかかるので,やっぱり早期発見がいいよ」と友だちには健診をすすめている。


    にほんブログ村 病気ブログ 乳がん  <div class =
    スポンサーサイト

  • フェマーラ、ジェネリックに変更せず。


  •  以前,フェマーラのジェネリックが出るのでどうしようかということを書いた。
    結局,ジェネリックではなく先発の「フェマーラ」を飲むことにした。

     わたしは痛み止めや解熱剤,目薬とか,その他はほとんど薬局にあればジェネリックにしている。痛み止めがジェネリックだと効かない,ということをブログに書いている方もいらっしゃって,それまであまり気にしなかったけど,気にするようになった。
    急を要しない痛み止めや目薬なら,ジェネリックが万が一効かなかったとしても,変更してもらえばいいと思っているけど,命にかかわる薬だと思うと,うーん,どうしようという気持ちにもなる。

    これ以降は,わたしの勝手な考えなので,それを踏まえて読んでいただけるとありがたいです。

    7月に,薬局で「もうじきフェマーラのジェネリックが出ますけどどうしますか?」って聞かれて,気分的には80%くらいは「ジェネリックに変えてもいいかなー」と思いつつ,残り20%は「でも,変えてなにかあったら後悔するかも」っていう気持ちがあった。
    「たぶん大丈夫」っていう気持ちがほとんどなんだけど,やっぱりスパッと決められなくて3か月たった。
    その3か月のあいだに,答えはだいたい予想がついていたけど,何人かの医療者にたずねてみた。

    ●薬局の薬剤師さん
    「100%効き方が同じ…とは言えませんが…(奥歯に物がはさまった感じ)」
    ●乳腺以外のドクター
    Dr「変えてみてダメだと思ったらまた戻せばいいんじゃない?」
    「ええっ。でも,命に係わる薬だから,効かないってことはDead or Aliveなんですけど…」
    Dr「成分はいっしょだから,薬効は変わらないよ。基剤が違うから副作用に違うものが出てくるかもしれないってこと。精神科のお薬なんかは,ジェネリックににしたら効かないっていう人がいるけどね」
    ●主治医
    「成分は同じだから効き方は同じ。ジェネリックがよければ処方箋変更しますよ」

     まあだいたい予想通りの返答。
    そうだよねー。わかってるんだけどねー。わたしもなんとなくそう思うけどなんとなく変えたくないんですよ。
     そもそもフェマーラが100%の人にベネフィットがあるわけじゃないんだけど,効いてると信じて飲んでいるし,効いてるような感じもしている。
     逆に先発品の基剤は合わなかったけど,ジェネリックの基剤の方があっているっていう人もいるんだろうな。
     先発品に耐性ができたからって,じゃあジェネリックに変えますっていう話なんて絶対ないしなあ。
    ……とかいつものようにモヤモヤ。

     先日,あるところで薬剤師の方とお話する機会があった。
    その方にジェネリックについて尋ねたところ,笑っていたのでたぶん聞かれることが多いのだと思った。
     その方の意見は「成分は同じだけど,臨床試験をしていないので,そこがなんとも言えないところ」と。意地悪な質問でごめんと思いつつ「もし,自分だったらどうします?」って聞いてみた。
    薬剤師さん「わたしもジェネリックは飲まないかもしれません」という答え。

    これ,たぶん仕事として質問を受けたらそうは答えないかもって思った(わからないけど)。
    わたしも,患者として薬局に行って薬剤師さんにこんな質問はしないし。
    これは,この薬剤師さんの個人的な意見で,たぶんわたしの考えとそう違わないんだと思う。
    『試験をしていないから,成分が同じだとわかっていてもなんとなく飲みたくない』っていうところじゃないかな。
     だから,この薬剤師さんのことばでジェネリックをやめたわけではまったくない。

     たしかにジェネリックにすれば健康保険組合も負担が軽くなるし,自分だって医療費が負担が軽くなる。
    3か月に1度,2万円近くかかっていたものが,ジェネリックにすれば薬価が半分くらいに下がるので,1万円ぐらいですむ。年間にすると4万円くらい違う。
    それだけ違うと考えちゃうよね。旅行に行けるよなー。
    まあ,どちらにしても,あと3年飲み続けないといけないので,そのうち気が変わるかもしれない。

     そいうえば,わたしが昔,病院で働いていたころは,ジェネリックなんてことばはなくて,ゾロ薬なんて言われていて,マイナスイメージだったんだよね。
    厚労省が推進するようになってから,ずいぶん変わったなーと思う。
     100%安心してジェネリックが選べるようになるといいのに。
    (でも,先発品を出している薬品会社は,ジェネリックが浸透した場合,やっていけるのかなとちょっと思った。その分,薬価をあげる? いやいやそれでは本末転倒。)


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • フェマーラのジェネリックが発売される
  • ※ジェネリックについて書いていますが,わたしのもやもやした気持ちを書いているだけなので,ジェネリックか先発薬か悩んでいる人は不安になるかもしれないので読まないでくださいね(そんなたいしたことは書いてないけど)。



    先日,2年検診(この話はまた後日)が終わって薬をもらいに行ったとき,薬剤師さんから「7月にフェマーラのジェネリックが発売されそうですけど,ジェネリックを希望されていたので次回から切り替えますか?」と言われて,ちょっと考えてしまった。
    結局,「とりあえず,ジェネリックではなくてそのままで…」と答えた。
     これまでは,風邪薬やアレルギー,痛み止めをもらうときなど,とくに気にせずジェネリックを処方してもらっていた。
    成分は同じなので,基剤などが違っても効き目は変わらないだろうと思っていたし,自分も保険組合も医療費削減になるし。

     でも,最近,ジェネリックだと効き目が違うかも…というブログを読んだり,ジェネリックだと心配なので先発薬を使っているという人の話も聞いたりする。
     確かに痛み止めやアレルギー,風邪薬ならちょっと効き目が違うなあ,くらいですむかもしれないけど(重大な場合を除く),命にかかわる薬の場合,後戻りはできないので,そういうわけにはいかない。

    フェマーラ2.5mgは,薬価が674.10円/Tなので,3か月処方だと19,000円弱になるので結構な出費だ。
    ネットで調べたところ,たとえばサワイ薬局のジェネリック品が「レトロゾール錠2.5mg 292.60円/T」という薬価で出ていたので,3か月で計算すると8,000円程度。半分以下の出費ですむ。年間で40,000円程度出費が抑えられる。
     旅行に行けますな。

     たぶん,わたしの想像だと主治医にたずてみても,「ジェネリックでなんの問題もないよ」という答えが返ってきそう。
     わたしは……どうだろう。効き目はかわらない気もするけど,なんとなく気になっているのはたしか。
    さらっとネットで調べても,「効かない」「ジェネリックのデメリット」ということで情報が出てくる。

    そして、「効く」ことが前提だから,ジェネリック薬品が効くか効かないかなんて検証してないんだろうなあ。

     これまでフェマーラにジェネリックはなかったので,こんなふうに悩むことなく,薬が高いことを嘆いていたけど,さて,ジェネリックが出るとなったらどうしましょうかね。
    3か月,いろいろ調べて悩んでみるか。
     効かなかったらどうしようとか思いながら飲むのはイヤなので,自分なりに調べて聞いて納得して決めなくては。

    あー、前回のコメントにリプライしてませんでした!
    ごめん、近日中に!


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • この痛みは老化なのか?
  • からだのどこかが痛いと,これまでなら筋肉痛とか寝違えたとか、酔っぱらって知らないあいだに打撲した? とかぐらいにしか考えなかったけど,乳がんに罹ってからは,もしや骨転移? なんて思ってしまう。
    そうは思わない人もいるだろうけど,やっぱり,ほとんどの人は一度はドキッとするんじゃないだろうか。

    思い返せば確定診断を受けた後,もともとひどい肩こり持ちだったけど,肩のあたりがものすごく痛くて,これはもうなにか悪いことが起こっているに違いないと思った。
    最初の検査で骨シンチをやっていたので,その結果を聞いたところ,とくに問題なし。
    「でも,先生,これまでにないくらいものすごい肩のまわりが痛いんですよう。」
    「でも,骨シンチになにも出てないよ。」
    と言われ,結局,湿布を出してもらって,帰ってきた。
    遠隔転移がなかったのにはホッとしたけど痛いのは痛い。
    しばらく湿布でようすをみてたら,いつの日か,ひどい痛みとつらさからは解放されていた。
    肩こりは今でも慢性的にあるけど。

    今思えば,あれはストレスからくる肩こりのひどいやつだったのかなあとも思う。
    うつ病でも肩こりの症状が出るっていうし。
    (実は骨にも画像に映らない病変があったけど,抗がん剤で軽減したとか?…みたいに考えればいろいろ妄想が進むので,悪い妄想はしないことにした。してもなんの得にもならないし。)

    先日書いたモンドール病は一時に比べたら,ひきつれも痛みもずいぶん軽減したように思う。
    やっぱり,自然に治ってくるものなんだね。
    私の場合は痛いと思ってから3か月くらい。

    リハビリに通い続けた五十肩はようやく治ってきたみたいで,今はほとんど腕も元通り上がるようになってきた。
    これは1年かかった。
    長かったけど調べるとだいたいそのくらいかかるものらしい。

    痛みといえばフェマーラの副作用で,起き上がったり,立ち上がったりするときに起こる関節などの痛み。
    今年の8月で服用して2年経つけど,なんかちょっとずつひどくなってる気がする。
    おばあちゃんたちが立ち上がるときに「いててて」って膝を押さえながら立ち上がるけど,まさにあんな感じ。
    おばあちゃんの気持ちがよくわかった。
    最近ではふつうに歩いていて,階段を降りるときも痛いし,椅子から立ち上がって歩き出すときもつらい。
    あと,半年くらい前から,朝起きると手の指がこわばっていて痛い,とか。

    ちょっと困るのが左手首の痛み。
    術側の右側をかばうので,起き上がったり,立ち上がったりするときに左手首をつくのと,カバンを左で持つようになったのもあって,左手首を酷使してることからくる痛みのような気がする。

    あとは,ときどき感じる再建した胸の痛み。
    これもよくあることらしいので,まあしょうがない。


    私はときどき1日10キロくらい歩いたりするんだけど,その後,腰のあたりや膝,足が痛くなることがあって,こういうのはやっぱり一瞬ドキッとする。
    このあいだ,看護師の友人に聞いた話だと,痛みが2週間続いて,それがだんだんひどくなってきたらまずいけど,そうでなければあんまり心配する必要がないとのこと。

    これまでなかった痛みって,たぶん「老化」の痛みなんだよね。
    抗がん剤1回めで見事にきれいにきっちり生理はとまったし(それまでは25日周期で正確にあった),年齢的にもあれだし,おまけに女性ホルモンも強制的に薬で減らしているわけだし,いろいろ変化もあるよなあ。
    ほんとは老化とは言いたくないけど(70歳くらいになってから言いたい),人間は誰でも成長期を過ぎたら日々老化しているわけなので,もう老化でいいや。
    同年代の人よりはちょっと早いかもしれないけど。

    それはそれで受け止めて,こころは老化しなければいいのだ! と思うことにした。
    日々の関節痛とつきあいながら,からだの声に耳をすませ、なんでもがんと結びつけないで,こころは老化せず!
    (薄っぺらい標語みたいですみません・笑)


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

  • 眠いのはフェマーラの副作用?
  • このところ毎日眠い。

    子どものころから、どちらかというと宵っ張りで夜更かしは得意だった。
    学生のころは試験勉強は一夜漬けで深夜までやっていたし、深夜ラジオは毎日聴いてたし、おとなになっても徹夜で仕事も朝まで飲むのも全然平気だった。

    布団に入ってすぐに寝られることなんてめったになくて、たいていラジオを聴いたり、本を読んだりしていた。
    今は、すぐに眠くなるので本が読めない。

    さっきはお風呂の浴槽に腰掛けて、雑誌を読んでたら居眠りしてしまってあぶなかった。
    このあいだなんか、最前列でお芝居を見てたら眠くて眠くて、我慢してたから白目になってたはず。

    今も、先日の愛子さんの講演の続きを書こうと思ったけど、眠くて眠くてまったくまとまりそうにない。

    抗がん剤中もそうだったけど、入眠はするけど深夜や早朝に何度も目が覚める。
    当時は、目が覚めると眠れなかったので、おもいきって起きて散歩したりしてたけど、最近は二度寝してしまう。
    そのせいか、早く寝ても熟睡感がないんだよねえ。
    ほんとは二度寝しないで、おもいきって起きた方がすっきりするらしいので、明日は早く目が覚めたらそのまま起きてみるかなあ。
    目が覚めたとき、五十肩が痛くて不快。
    肩と腕がかたまってる感じがするんだけど寝てるあいだに力が入ってるんだろか。

    この眠さや深夜に目が覚めるのは更年期症状なんですかねえ。
    せめて短編を1本くらい寝る前に読ませて欲しいな。

    だめだ。眠い。寝ます。

    また明日。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
      次のページ>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。