• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 「がんになっても仕事を続ける」ことに対するわたしのスタンス。
  • 100人いれば100とおりのがんがあるように、がんに対する考え方は人それぞれだと思います。
    化学療法の副作用のあらわれ方も、人によって全然違うから、向き合い方もおのずとかわってきます。
    今、自分の化学療法に副作用のついて振り返って(自分のためにも)記録をしているけれど、もちろんこれはわたしの副作用であって、誰かにあてはまるものではありません。
    なので、こんな例もあるよ、という程度で読んでほしいのです。
    でも、準備するものや、心構えとかは少しはお役にたてるかなあと思って書いています。

    これまでも、そういう意図で書いてますよ、ということは本文に織り交ぜながら書いていたつもりだったけど、先日、「化学療法をこれから受ける人があなたの言うことを真に受けて、無理をしたり、無理をさせられたりするのが心配」というご指摘を受けました。
    仕事を続けたのは、わたしがそうしたかったからそうしただけなので、人にそうした方がいいよ、と言っているわけではないのです。
    きちんと本文を読んでいただければ、わかっていただけるかと思ったのですが、文章というのは、人に「こういうふうに読んでください」と強要するものではないし、さらっと読んでもうまく伝わらないかもしれないというのは、わたしの文章力がないわけで、確かにそういう心配はありますよね。

    なので、自戒をこめる意味でも、わたしが副作用のことや仕事のことをどういうスタンスで書くかというのを、今一度記しておきます。

    確定診断を受けた日のことを書いたエントリーにもありますが、わたしは、がんになったら絶対仕事なんて続けられないと思っていました。
    主治医に「仕事を辞めないでがんばって続けてみて。化学療法中はつらいこともあるけど、半年たったら今と変わらない自分に戻ってるから」って言われたときも、(またまた先生、そんなこと言っちゃって無理にきまってるよー、そんなの)ってこころのなかで思ってたんですね。
    主治医はわたしのこころを見透かしたのか、「僕が言ってることは、今、信じられないかもしれないけど、半年後に、あのとき言ってたのはこういうことか、って絶対思うから」って言ってくれました。
    それでも半信半疑だったけど、ちょっとがんばってみようって思えたんですよ。
    たぶん、そのことばがなかったら、仕事を続ける努力をしてなかったかもしれない。


    たしかにつらかったけど、ちょっとがんばったけど、それでもわたしはよかったなって思います。
    これは性格にもよると思いますが、ちょっとつらいことがあるときの方が、がんばれるんですよ、わたし。
    仕事をすることがはげみになったっていうのは間違いなかった。
    あ、これもわたしには、ってことですよ。

    仕事を続けたのが偉いとも、治療に専念するために仕事を辞めた人がダメだ、とか全然思ってません。
    自分で考えて、判断して、その道を選んだのならどんなこともわたしは尊重されるべきことだと思っています。

    辞めたくないのに辞めざるを得なかった方もいると思います。
    わたしの友人にもいます。
    それでも彼女は化学療法中に仕事をみつけ、自分のできるペースで仕事を続けてきて、今は放射線治療も終えてフルで働くためにがんばっています。
    このように、わたしとは違う方法だってあります。
    一連の治療を終えるまで休職をしている友人もいます。
    それでも全然いいと思います。
    そのとき最善の方法をそれぞれがとればいいんじゃないかなあ。

    なのでもし、化学療法をこれから行う方が、不安を感じてたまたまわたしのブログにたどり着いたとしても、たくさんある方法のなかのひとつの例だと思ってください(たぶん、そう思って読んでいらっしゃるとは思いますが)。
    「放置療法」のエントリーでも書きましたが、なにかひとつのことを妄信しちゃうのはよくないですもんね。


    抗がん剤をしながら仕事を続けたことを誇りに思ってるわけでも自慢してるわけでもないのです(自慢してるみたいに感じたらごめんなさい)。
    もし、誇りに思うことがあるとしたら、治療に前向きになれるよう導いてくれた主治医や、点滴中にさりげなく寄り添ってくれた看護師さんや医療スタッフ、家族や友人、いつもはげましてくれたサバイバー仲間のことかもしれません。
    そうだね、これは自慢しちゃう。
    この人たちがいたからわたしはがんばれたんだと思います、まじで。


    今日はまじめなことを書きましたが、また明日からはいつものふざけたトーンに戻ります。
    ではでは。


    ↓おもしろかったり、気がむいたりしたらクリックお願いします

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    スポンサーサイト

  • はじめに
  • はじめまして。

    2012年12月に浸潤性小葉がんの確定診断を受けました。
    術前化学療法を経て、2013年8月に手術、一次二期再建のため、現在、ティッシュエキスパンダー挿入、ホルモン療法中です。

    ライブやお芝居のレビュー、写真の掲載、読書のレビュー、旅日記めいたことは長く別のブログで書いていたのですが、別建てで乳がんのことを書いていくブログを立ち上げました。

    多くのブログ作者の方がおっしゃっているように、不安で不安でどうしようもなかったころ、たくさんのブログを読むことで、勇気をもらったり、勉強させてもらったりしました。

    がんは100人いれば100とおり。
    だから、いろんな人のブログを読みました。
    同じようなサブタイプの人、病理結果が似てる人、小葉がんの人、環境が近い人…。
    いつのまにか、会ったこともないのに、なぜかとても身近に、戦友のように感じていました。
    また、化学療法の副作用に対しては、いろんな人の経験を読むことで、ずいぶん準備をすることができました。

    自分の経験を書くことで…私がそうであったように…不安を抱えて震えている誰かの役にたてればいいなあという思いと、自分の記録のためにこのブログをはじめたいと思います。

    また、特殊がんである小葉がんについて情報交換ができればいいな、と思いつつ…。

    さて、まずはいろいろあった1年を少しずつ振返りますか。


    ↓ランキングに参加してみました。
     おもしろかったり、気が向いたらクリックしてください。

    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。